指原も認めた廣川奈々聖が「Jユースカップ サポーター」に大抜擢!
avexのアイドルプロジェクト「iDOL Street」の新生グループ“わーすた”のリーダーの廣川奈々聖(ひろかわ・ななせ)(16)が「スカパー!Jユースカップ サポーター」に大抜擢された。 廣川奈々聖といえば、今夏HKT48の指原莉乃に可愛い!とお墨付きを貰ったことで一躍アイドル界で有名になった、今をときめく注目の存在。 今年結成、デビューを控えるアイドルグループの起用は前代未聞のこと。 「アイドル」と「Jユース」、かけ離れたフィールドにみえるが、システム的な部分ではかなり近しい。 いわゆる、“練習生(研究生)”時代を経て、メジャーチームに上がっていくというプロセスの部分では同じシステムなのだ。 廣川自身、「ストリーーーーーグ②」といった全国6地区 (札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)のアイドル研究生が争う大会で個人MVPを取得し、現在晴れて「わーすた」といったavexアイドルのメジャーチームへ昇格したという経歴があり、同じくメジャーリーグチームを目指すJユースの選手たちをサポートするという形だ。 Jユースの選手というと、2020年に開催を控えるオリンピックを目指す「次世代のスター」。 廣川が所属するiDOL Streetもオリンピックを盛り上げるべく「GirlsStreet2020」というプロジェクトを発足しており、かなり親和性が高い。 普段は日本代表戦や大きな大会のサッカー試合等はTVで見ていた廣川だが、事務所の先輩、FC東京応援番組リポーターを務める、橘ゆりかとサッカー研修もふまえ10/17(土)FC東京vs湘南ベルマーレ戦を生でサッカー試合を初めて観戦し、サッカーの素晴らしさに感動したとのこと。 事前研修もばっちりの様子だ。