CRAYON POP 2ndシングル詳細発表!c/wは“ニワトリダンス”のあの曲
11月18日(水)に2ndシングルを発売するガールズグループ・CRAYON POP。この度、ついにタイトルとジャケット写真が決定・公開された。 発表されたタイトルは『Dancing All Night』。この表題曲『Dancing All Night』には一度聞いたら耳から離れない懐かしいメロディが満載。カップリング曲は“ニワトリダンス”が話題をさらった『Uh-ee』の日本語バージョンに決定。 公開されたジャケット写真は、80年代ファッションを彷彿とさせるポップな色合いの衣装を着たメンバーを、ソウルの超近代的な建物の中で撮影し、ただ懐かしいだけではなく、80年代的な懐かしさと最先端が同居したCRAYON POPらしいユニークな仕上がりになっている。 なお、法人(店舗)別オリジナル特典の絵柄も決定した。この特典は、予約購入者より先着で付与される。 <「CRAYON POP(クレヨンポップ)」プロフィール> 2012年に韓国でデビューしたグンミ、エリン、チョア、ウェイ、ソユルの5人からなるガールズグループ。 グループ名には「クレヨンでいろんな色を塗るように音楽に彩りをそえていく」という意味が込められている。 他のガールズグループとは一味違うコンセプトの衣装やダンスで一躍人気となり、2013年にリリースされた「BAR BAR BAR」は、韓国国内の音楽配信サイト、音楽番組チャートで1位を記録。 キャッチーなサビと「直列5気筒ダンス」と呼ばれる独特な振付のダンスは瞬く間に世界中で話題となり、ミュージックビデオはYouTubeで驚異的な視聴数(3,000万回再生 ※2015年10月現在)を記録し続けている。 さらに世界中で180万件以上のカバーダンスが公開されるなど、その熱狂ぶりはアメリカ、オーストラリア、イギリスを始めとした欧米メディアでも紹介。 2014年6月~7月にはレディー・ガガの全米ツアー・オープニングを務めるなど、全世界からの注目を集める。 2015年7月22日 初の日本語オリジナル楽曲「ラリルレ」で日本デビューを果たす。