神乳Gカップ「地下アイドル」神谷えりながグラビアで話題に
2015年11月23日に、地下アイドルとしては初めてさいたまスーパーアリーナにてワンマンライブを行う仮面女子。メンバーでグラビアアイドルとしても活動する神谷えりなが話題となっている。 神谷はグラビアで話題となる前に、ニュースに大きく取り上げられたことがあった。高校2年の春に後天的な内斜視を発症。2013年10月に病気を公表。2015年5月、「開散まひ」と診断され、同月28日に手術を受けた。アイドルとしては珍しい病気だったこともあり、ニュースとなりその病状が広く伝えられた。6月13日劇場公演に復帰し、現在も元気に活動をしている。 そんな神谷が、いまグラビアアイドルとして再度注目を浴びている。身長152センチと小柄ながら、B84・W60・H84のGカップというナイスバディー。しかも、ダンスで鍛えた体は美しく、肌も透き通るように白い。 最近ではファーストDVD「神谷えりな えりにゃん日和」(竹書房)を発売しグラドルファンからも「今年一番の最高傑作」との呼び声も高い作品となっている。公式Twitter(@kamiya_erina)のフォロワーも10万人を超える人気となり、グラビア業界では注目の的となっている。 彼女の場合は他のグラドルとは違い、基本的には仮面女子のメンバーとして毎日活動をしファンを拡大している。歌とダンスが出来るというところも、より魅力を輝かせている様に思える。ほとんど毎日行われる劇場公演があるため、スタイルの維持もしっかりとされている。 神谷えりなの名前を頻繁に雑誌やWEBで見かけるようになる日は、そう遠くないかもしれない注目のアイドルとなっている。