田原総一朗「新しい時代のAKBを作る」谷口めぐ、川本紗矢をWセンターに
10月16日(金)に、AKB48劇場特別公演田原総一朗「ド~なる?!ド~する?!AKB48」の初日公演が行われた。 春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」、岩本輝雄「青春はまだ終わらない」の2公演が行われてきた著名人考案のセットリストによる特別公演。その第3弾として、田原総一朗「ド~なる?!ド~する?!AKB48」公演が初日を迎えた。 公演のテーマは、「AKB48の新しい時代を作る」。 若手とベテランが一丸となり、AKB48の未来を見据えた公演を作ることが目標とされ、セットリストもこの10年間を牽引してきた高橋みなみ総監督に所縁のある楽曲を中心に構成。その幕開けは、田原氏自らもMVに出演した『希望的リフレイン』だった。 出演するメンバーも、田原氏が自ら選定。「チームT(田原)」と呼ばれるメンバーは、田原氏と出身が同じ滋賀県の田名部生来と濱咲友菜、かつてジャカルタを訪問した際、観覧した公演に出演していた元JKT48の高城亜樹、野澤玲奈らが選ばれた。 そして、センターの指名を受けたのは、AKB48に加入した時期も近く、バックダンサーなどを一緒に務めていて仲がいいという、谷口めぐと川本紗矢。二人ともセンター経験はなかったが、田原氏から託された「AKB48の新しい時代を作る」という公演を目指し、全体でのリハーサルの他にも二人で話し合いながら初日に臨みました。 ユニットのパートでも二人に任されたのは重要なポジション。谷口は、高橋みなみのソロ曲『愛しさのアクセル』を担当。また、AKB48を代表する前田敦子と高橋みなみの楽曲『思い出のほとんど」を谷口と川本ふたりで務めた。 曲の合間には、田原氏が進行を務める討論番組のような「次の曲まで生テレビ!」と題したコーナーも。みゃお原総一朗(宮崎美穂)のシュールな仕切りにより、「目玉焼きは、ソース派かしょうゆ派か」というテーマで、熱い(?)議論が交わされ、会場の笑いを誘った。 田名部生来や高城亜樹などの経験豊富なメンバーに支えられ、緊張しながらもWセンターという大役を務めた谷口と川本。これからも切磋琢磨し、新しいAKB48を作り上げていくことを会場に集まったファンに約束した。 田原氏は稽古場を訪れた際、セン􀀀ーを務める1人の川本紗矢に「センターで頑張って下さい」と声を かけたり、 学校の勉強との両⽴を気にするなどのやり取りがあった。 また、憲法に詳しい内⼭奈月にも声をかけるなど、田原らしい一⾯が見受けられた。メンバー には、「AKB48は創立10周年なので新しいAKB48を作るんだ、新しい時代を作るんだという意気込みで頑張って下さい」と声掛けをし、メンバーと円陣を組んで初日への激励をした。 ■谷口めぐ(ゲネプロ後の囲み取材にて) すごく楽しかったです。明るい曲も多い公演ですが、しっとりとした大人っぽい曲もあって、表情のつけ.方も難しかったのです。でも、ステージでは楽しんでパフォーマンスができたので良かったです。Wセンターも初経験だったので、すごく緊張しましたが仲のいい“さーや(川本)”と一緒にできるのが嬉しいですし、気持ちよくできました。 ■川本紗矢 これまでやったことのない曲も多く、不安もありましたし、初めて公演で共演するメンバーも多かったので緊張しました。センターもこれまでやったことがなかったので、緊張もしましたが、田原さんが言ってくれたような「これからの新しいAKB48を作っていく公演」にしていきたいと思います。めぐ(谷口)と一緒だったので、レッスンの時も色々意見を言い合って、今日に臨めたので良かったです。 今後、著名人考案による特別公演は、ニューヨークヤンキースの田中将大投手の公演が予定されている。 (C)AKS