元ちとせ 平和への想い込め熱唱!幻の『拝啓大統領殿』も披露
10/9(金)に元ちとせがビルボード東京にてワンマンライヴを開催。ブルーノート名古屋、ビルボード大阪とまわってきた東名阪ツアーのファイナルを全席ソールドアウトの大盛況の中、飾った。 今回のツアーは、戦後70年となる2015年、改めて平和とは何かを考えるきかっけになって欲しい、という思いを込めて古今東西の平和への願いが込められた作品が収録されたカバーアルバム『平和元年』を携えたもの。 ギター/バンマスにアルバムのプロデューサーでもある間宮工、ベース沖山優司、キーボードSUNNY、ドラムスASA-CHANG、パーカッション藤井珠緒、という布陣でおこなわれた。 加藤登紀子が日本語詞を手掛けた『美しき五月のパリ』からスタート。そして、美しいコーラスワークも印象的な、松任谷由実が作詞作曲を手掛けた『スラバヤ通りの妹へ』、そのたゆたうような歌唱が胸に迫る、片桐和子が訳詞を手掛けた『リリー・マルレーン』、そしてアルバムでは俳優の佐野史朗がデュエットで参加した『最后のダンスステップ』と立て続けに披露。会場は、一気に元ちとせの表現力豊かな世界に包み込まれていく。 「皆さん、美味しいお酒とお食事もいただいていますか?今日は皆さんとお友達になりたいと思っていますので、リラックスして楽しんで下さいね。」と少し緊張感のある会場をほぐすようなMCで場を和ませると、続けて、ASA-CHANGの奏でるトランペットの音色が郷愁を誘う『ユエの流れ』、そして寺山修司の作詞、加藤宏史の作曲による『戦争は知らない』を曲の後半に『花はどこへ行った(Where Have All The Flowers Gone?)』が展開されるCDとは別のスペシャルバージョンで披露し、大きな拍手が沸き起こる。 そして、ベトナム戦争のさなかに谷川俊太郎の作詞、武満徹の作曲により作られた『死んだ男の残したものは』に続き披露されたのは、『平和元年』の1曲目を飾るナンバーであり、その平和へのメッセージを強烈に訴えたMUSIC VIDEOが大きな話題となっている『腰まで泥まみれ』。1969年にピート・シーガーにより発表され、中川五郎による日本語詞でも有名なこの曲は、元ちとせにとっても新境地とも言えるタイトで重厚なロックサウンドも印象的な1曲で、イントロから会場中がそのグル―ヴに魅了されていく。 美しいメロディと元ちとせの抒情豊かなヴォーカルが会場を包み込む岩谷時子訳詞による『ケ・サラ』に続き、元ちとせが10年前、2005年に坂本龍一をプロデュースに迎え発表した『死んだ女の子』が歌われる。 「10年前、戦後60年のときに、坂本龍一さんと一緒に広島の原爆ドームの前でこの曲を歌わせていただきました。実は、この曲は、最初まだデビュー前に1度お話をいただいたことがあったのですが、その当時の自分には、タイトルも歌詞の内容も理解することが出来なくて、こんな怖い歌、どうして歌わなくてはいけないの?と思ってしまい、歌えなかったんです。23歳の頃、デビューを控えてキャンペーンで訪れた広島で、スタッフの方に誘っていただき、原爆ドームや平和資料館を訪れる機会がありました。その時、私は、こんなことが日本で起きたんだ、しかも僅か数十年前に、ということを痛感し、それまで何も知らないで年を重ね、大人になったと思っていた自分が恥ずかしくなったんです。それで、この曲を改めて、きちんと歌いたい、と思うようになって、戦後60年の年に、たくさんの方にこの曲を届けたいと思って、そして届けるなら世界中に届けたい、と思って、世界で活躍されている坂本龍一さんにプロデュースをお願いしたんです。NYで録音したのですが、世界各国からミュージシャンの方が集まっていらっしゃって、坂本さんは、皆さんに歌詞の意味を伝えながら、レコーディングに臨まれたんです。それも、この曲のメッセージが世界に伝わっていくきっかけになるんだな、と思いました。」とこの曲を歌う経緯と、想いを伝える。 本編ラストに披露したのは、元ちとせにとっての代名詞とも言え、10周年の際にリリースしたベストアルバムのタイトルともなっている「語り継ぐこと」。 生まれ育った奄美大島で、伝統口伝の島唄の唄者としての活動がその歌唱のベースとなっている元ちとせにとって、まさしく“語り継ぐ”“歌い継ぐ”ということは、使命のようなもので、『平和元年』に込めた思いにも通ずるメッセージは、より強く会場の心を鷲掴みにしていくようで、大きな拍手が送られた。 第2部のアンコールでは、当初『平和元年』に収録する予定だったものの諸事情により見送られたという、ボリス・ヴィアン作詞作曲、高石ともや日本語詞による『拝啓大統領殿』を披露し、その強力なメッセージが胸を打つ。そしてラストには、代表曲『あなたがここにいてほしい』を優しく歌いかける。この曲を聴いていると、アルバム『平和元年』が、単なる反戦歌集なのではなく、当たり前のようにあるべき平和の姿を訴えかける、真の平和への思いを込めて作られたアルバムであることが、改めてよく伝わってくる。 元ちとせは言う。 「今回、戦後70年の年に新しいアルバムを制作するにあたって、平和への思いを込めた新曲を制作し発表することも考えました。でも、その当時に残されてきたメッセージ、辛い思いをされてきた方々が残したメッセージが歌われたたくさんの曲に出会って、こういう曲を風化させないように、いつまでもいつまでも大切に歌い継いでいくのも大事なことだと思い、カバーアルバムを発表することにしました。平和のありがさた、豊かさを当たり前のことだと思わず、今平和でいられることに感謝しなくてはと思います。」 『ワダツミの木』で日本人の心の原風景を感じさせるその歌声で日本中を虜にした元ちとせは、戦後70年を迎えた今、日本という国が大切にしてきた“平和”とは何か、を1人1人が改めて考えるきっかけになるような願いを込めて、その歌声を日本中に、そして世界中に発信し続けておりその活躍にますます目が離せない。