LAGOON 新曲は岸谷香による珠玉のラブソング
女優・瀧本美織がヴォーカルを務めるガールズバンドLAGOONが放つ3rdシングル『Rhapsody In White』(11月18日発売)を、岸谷香が手掛けることが分かった。 MIORI(Vo)にとって岸谷は、現在のガールズバンドシーンの礎を築いた先輩であるとともに、音楽活動を始めて間もない頃にプリンセスプリンセスの『Diamonds』をLIVEでカバーするなど、自身の音楽活動にとって切っても切り離せない存在の一人。 7月にオファーを受けた岸谷は、すぐにMIORIと打ち合わせを実施し、今夏、愛娘と共にシアトルへ渡米した際に作曲。9月よりスタートした全国TOURの合間を縫って歌詞を書きあげた。 作詞にあたっては、<女優・瀧本美織>のパブリックイメージではなく、普段のMIORIをよく知るスタッフへヒアリングをし、歌い手・MIORIの価値観や人物像をより具体的に引き出すことで歌詞のイメージを膨らませていった。書き上げられたリリックは、プリンセスプリンセスの盟友・富田京子(Dr)にも感想を聞くなど、更にブラッシュアップを重ねたという。 そうして完成された今回の楽曲にMIORIは、「初めて聴かせて頂いた時、今にも愛情が溢れでるような曲だなと感じて、歌っていても何か大きな温もりに包まれた気持ちがしました。レコーディングで歌う際も、不思議と地元・鳥取から上京してくる時に母が空港で見送ってくれた時のことを思い出しました。恋愛だけにとどまらない、広い意味での<LOVE>ソングなんだなと感じています。」と熱い想いをコメントした。 そして同曲は、aiko、いきものがかり等を手掛ける島田昌典氏がプロデュース。清々しくも肌寒い季節にどこか温もりを与えてくれる珠玉のラブソングが仕上がった。17才のギタリストAMI加入後のLAGOON第一弾シングル『Rhapsody In White』。年末12/6には、1年前のBAND結成以来、初となるワンマンライブ「LAGOON Presents 1st ONEMAN SHOW」を控え、新たなフェイズへと突入する[新生LAGOON]、その動きに今後目が離せない。