BABYMETAL幕張単独公演 WOWOW独占放送
日本だけでなく、海外でも高い人気と注目度を誇るメタルダンスユニットBABYMETAL。 2014年のワールドツアーを経て、2015年は1月に開催された、さいたまスーパーアリーナでの「新春キツネ祭り」に始まり、5月からはメキシコを皮切りに10か国をまわる「BABYMATAL WORLD TOUR 2015」を展開。単独ライブのほかに歴史のあるフェスにも出演するなど、さらに経験値を高めている。 —5月からスタートした「BABYMETAL WORLD TOUR 2015」。前半はメキシコ、カナダ、アメリカ、ドイツ、フランス、スイス、イタリア、オーストリア、イギリスでライブをまわってこられましたが、ライブにおける印象的だった出来事を教えてください。 SU-METAL はい。今回は2度目のWORLD TOURということで、前回訪れたアメリカやヨーロッパの他に、初めて南米にも行きました。私の中ではメキシコ公演がすごく印象に残っていますね。盛り上がり方がヨーロッパのお客さんとは全然違うんですよ! ヨーロッパでは私たちの歌や音楽に合わせて一緒に盛り上がる感じですけど、メキシコは「私たちのこと、観てないのかな?」「私たちの歌、聴いてないのかな?」っていうくらい、お祭りのようにそれぞれが自由に盛り上がってるんです(笑)。最初はビックリしましたけど、南米の人たちって明るくて“楽しければいい”っていう感じなんだなっていうのが分かりましたし、お客さんからもいっぱいパワーをもらいました。すごく新鮮でしたね。 —ワールドツアーで各国を周ってきた中で、“ここの食事が美味しかった!”とか、ライブ以外での印象的なことは何かありましたか。 YUIMETAL 私たち、海外公演に行く時は食べ物も楽しみにしているんです。今回もたくさん美味しいものを食べましたが、特に美味しかったのはドイツ料理。実は、前回のWORLD TOURの時に「ドイツはソーセージとジャガイモが美味しくて有名だよ」って教えてもらって、みんなでレストランに食べに行ったんです。それが本当に美味しかったので、今回もドイツではソーセージとジャガイモをいっぱい食べてきました。 —ワンマンライブ以外にフェスにも出演されましたが、フェスではいろんなバンドやアーティストが出演しているので、たくさんの刺激や影響を受けてきたのかなって思いますが、フェスの感想も聞かせてください。 MOAMETAL (イギリスの)レディングとリーズで開催された「Reading and Leeds Festivals 2015」フェスに出させてもらいましたけど、Readingでは他のバンドさんのライブをあまり観ることができませんでした。でも、LeedsではMARMOZETSさんとかBRING ME THE HORIZONさんとかMETALLICAさんとか、いろんなバンドさんのライブを観させていただきました。中でも特に印象的だったのはMETALLICAさん。やっぱりかっこいいんですよ。以前、SUMMER SONICの大阪会場で初めてお会いして、その後、別のフェスでもお会いしたことがあったんですけど、なかなか時間が合わず、あまりしっかりとライブを観ることはできなかったんです。でも、Leedsでは観ることができそうだということで、メタルに興味を持たせてくれるきっかけになったバンドさんですし、すごく楽しみにしていました。やっぱりすごかったですね。“なんでこんなに楽しんだろう!”って思わせてくれましたし、本当にかっこよかったです。 —2度目のWORLD TOURということで、前回のツアー(「BABYMETAL WORLD TOUR 2014」)と比べて成長したなって思えた部分はありますか? MOAMETAL 緊張を全然しなくなりました。アウェイなところが好きになったという感じですね。前回はアウェイのところでは不安になっていたんですけど、盛り上げたら、お客さんもしっかりと返してくれるので、その瞬間が楽しいなって思えるようになったんです。 —ツアーの前半を締めくくったのは、6月21日の幕張メッセ公演「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 〜巨大天下一メタル武道会〜」ですが、この公演は、WOWOWで10月18日に放送されます。この公演を振り返ってみて、視聴者の方たちに特に観てもらいたいシーンはどこですか。 SU-METAL オールスタンディングで2万5,000人。本当にたくさんの方が足を運んでくださいました。ライブ中はサークルモッシュとかがいろんなところで出来てたりして、いつもの私たちのライブでは観られなかったノリや盛り上がりが観られたところがすごく印象的でした。サークルモッシュとかもすごかったんですが、中でも一番感動したのは『Road of Resistance』の時の2万5,000人の大合唱です。“みんなで一つになって私たちはまた一つの道を切り開くんだ”って、『Road of Resistance』でみんなの合唱を聴くたびに、それが自分のパワーにもなるんです。視聴者の皆さんに観てもらいたいというのもあるんですが、私もその光景をもう一度観てみたいです(笑)。 —9月16日からは全国のZeppを回る「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN」がスタートしました。今(取材時)、ツアーの真っ最中ですが、どんなツアーになっていますか。 YUIMETAL これまで、私たちは海外でのツアーはやったことがあったんですが、日本は初めてなんです。初めて行く場所もいろいろあって、すごく楽しみなんですけど、その分、楽しみに待っていてくれてる方たちに期待以上のものを届けられるのか不安もありました。でも、Zepp Nambaからスタートして、ツアーの序盤からみなさんのすごく楽しそうな顔を見ることができたので、この勢いに乗って、日本を巻き込めるようなツアーになったらいいなと思っています。 —今後の予定ですが、12月12日・13日には横浜アリーナ2DAYS。さらには来年4月にイギリスのウェンブリー(The SSEアリーナ)でのライブも決まりました。そこではどんなことをやってみたいですか? 意気込みなどを聞かせてください。 SU-METAL 横浜アリーナは2015年のツアーを締めくくるライブになりますので、この一年、私たちもいろんな国をまわり、日本でのツアーも行ってきましたので、成長した姿を見せられるように頑張りたいと思っています。ウェンブリーアリーナは未だによく信じられないんですけど(笑)、イギリスに行った時にウェンブリーアリーナにライブを観に行ったことがあるんです。その時、「いつかこんなところでライブがやれたらいいね」って言ってたんですよ。それが本当に実現することになるので、私たちがお客さんとして観た時に受けた感動と同じものを、今度は観に来てくれた人たちに与えられるように頑張りたいと思います。 WOWOWでは、10月18日(日)夜9時から、6月21日に千葉・幕張メッセ国際展示場で行われた「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 〜巨大天下一メタル武道会〜」のライブの模様を独占放送。 過去最大規模のMOSHSH PIT(オールスタンディング)のみでの開催となったこの公演のチケットは、即日ソールドアウトとなった。BABYMETALの現在の人気と勢い、そして2万5000人の観客のパワーと熱気を放送でしっかりと確かめてもらいたい。