シェネル、三浦大知らがディズニー究極のベスト・アルバムに新曲参加
数々の大ヒット作品を生み出し続けているディズニー映画。そこには音楽が欠かせない。いつの時代も世代を超えて愛されてきたディズニー映画から生まれた珠玉の名曲を集めた究極のベスト?アルバム『ドリーム~ディズニー・グレイテスト・ソングス~』洋楽盤、邦楽盤の2バージョンの11月18日発売が発表されたが、邦楽盤に今回のアルバムの発売のためにレコーディングされたアーティストが遂に解禁。 映画「白雪姫」の『いつか王子様が』はシェネル、そして映画「ライオン・キング」の『愛を感じて』からは三浦大知の参加が決定した。そして映画「塔の上のラプンツェル」のラプンツェルの日本語キャストを担当する中川翔子が歌う『自由への扉』も収録されている。 新曲のレコーディングにあたり、シェネルと三浦大知は以下のようにコメント。 ●シェネル 「『いつか王子様が』は全ての女子が共感できる歌だと思います。今回大人っぽい要素を多く取り入れたいと思いました。特に曲の終盤にかけてジャスミン・サリバンのテイストが出ていて、とても良い仕上がりになって満足しています。シェネルリミックス、是非楽しみにしていてください」 ・三浦大知 「映画「ライオン・キング」ももちろん見ていて、今回この話をいただいたとき、すごくうれしかったです。今までもディズニーの楽曲に参加しましたが、その中でも一番ゆったりとした「愛」を歌っている楽曲だったので、そこをどうやって表現しようかトラックメーカーの方と相談しながら作りました。「ライオン・キング」の映画の世界観も入れこみながら、サウンドは今っぽくいい感じのバランスがとれたので、是非楽しみにしていてください。」 なお、この後も新たにレコーディングに参加したアーティストを発表予定なので続報を待ちたい。 子どもから大人まで、日本中に愛されるディズニーの究極のベスト・アルバムは11月18日発売、シェネルが歌う『いつか王子様が』は、11月3日より先行配信スタート。