ゆるめるモ!映画「女の子よ死体と踊れ」の主題歌MV解禁
10月31日(土)公開、いま最も勢いのあるガールズユニット “ゆるめるモ!”の初主演映画『女の子よ死体と踊れ』の主題歌「人間は少し不真面目」のMVが完成。 美しき死体を発見し、悪魔儀式で死体を復活させた女の子たちが、事件に巻き込まれていくというファンタジック・ガーリーホラー映画。共に時間を過ごすことで生まれる、彼女たちの心情の変化も描かれており、そのクライマックスとして、映画のエンディングに流れるのが『人間は少し不真面目』だ。 歌詞の冒頭にも登場するまさに“陽が沈む時”に、 ビルの屋上で6人全員が白い衣装に身を包み、共に踊り、共に戯れて遊ぶシーンを撮影。 ゆるめるモ!のプロデューサー田家大知(たけ・たいち)は「映像を初めて見た瞬間、これはシューゲイザーだ!と思いました。太陽の光がホワイトノイズに溶け合うような質感です。マイ・ブラッディ・バレンタインやスロウダイヴなどのイメージでと作曲のハシダさんに要望を伝えて映像を見せたら物凄く素晴らしい曲があがってきて、作詞の小林愛さんにも映像を見せたら泣ける詞を書いてくれました。映画の感動も相まって奇跡のような1曲です。」とコメント。 ファンタジックで壮大、そして感動的な楽曲ととけあい、映画は最高のフィナーレを迎える。 そして、劇中で6人が踊るシーンの振り付けは、メンバーのもねが担当。 撮影当時、主題歌は完成しておらず別の曲を使っての撮影となり。もねは、「このダンスは、ゆるめるモ!のNNNという曲の振り付けです。曲は確かに違いますが、あとから映像を見たらとても合っているような感じがしたので、良かったんじゃないかな、と個人的には思っています。NNNでは生と祈り、というところに重きをおいていて、全体的に儀式のようなバレエ要素の高い振り付けにしていて、そういう意味では人間は少し不真面目と似ている部分もあるな、と思いました。映画の中で輪になって踊ってるところが1番好きなので、そこに自分の振り付けを入れてもらえたことが、あ、自分でも役に立てた!と思って嬉しかったです笑。」とコメント。 本編を観てみると、違う曲で踊っていたことがにわかに信じがたいほど。 MVでは、予告編に収録されていない本編映像が大量に公開。壮大で感動的なエンディングのシーンをベースに、映画の本編映像を随所に挟みこみ、終盤では、拳銃をぶっぱなしてしまう彼女たちの“強さ”、そして、可憐に踊り戯れる彼女たちの“純粋さ”が交互に映像に映し出されるなど、最後まで見どころたっぷりな6分38秒となっている。