ゲスの極み乙女。初アリーナFINAL大熱狂!「ここまで来ました!!」
ゲスの極み乙女。初のアリーナTOURとなる「ゲスチック乙女~アリーナ編~」(3公演総キャパ27,000人)のファイナル公演(チケット完全ソールドアウト!!)が両A面シングル『オトナチック / 無垢な季節』の発売日でもあった昨日10月14日(水)、横浜アリーナで開催された。 9月17日(木)“大阪城ホール”、9月23日(水)”北海きたえーる”をそれぞれ成功させ、ワンマンLIVEとしてキャリア史上最大キャパとなる12,000人を前に圧巻のパフォーマンスを披露! ステージ前方に張られたスクリーンにオープニング映像が映し出され、「横浜アリーナ!」という川谷絵音の第一声と共にそのスクリーンが落ちると、ライブは早速ニューシングルから『無垢な季節』でスタート。 川谷はハンドマイクで広いステージをゆっくりと渡り歩く。『星降る夜に花束を』、『パラレルスペック(funky ver.)』と、序盤は文字通りファンキーなナンバーで会場を揺らし、『私以外私じゃないの』では女性コーラスのオペラチックなハーモニーが場内に響き渡った。 川谷とちゃんMARIが2台の鍵盤を弾く「ロマンスがありあまる」に続いては、再び川谷絵音がハンドマイクに持ち替えてオーディエンスを盛り上げ、『スレッドダンス』のアウトロで、ちゃんMARI、休日課長、ほな・いこかがそれぞれテクニカルなソロを披露すると、ここで一度メンバーは姿を消す・・・・。 ステージ両脇のスクリーンに「もしもHEROのバーをゲスの極み乙女。がやっていたら」というミニコント風の映像が流れ、その中で川谷が「プレゼントがあるよ」と言うと、まだショートバージョンしか公開されていなかった『無垢な季節』のミュージックビデオのフルバージョンが初めて披露され、場内からは歓声が上がる。(この「無垢な季節」のMVはLIVE終演後22時に動画サイトにて解禁された。) すると、衣装替えをしたメンバーが現れ、川谷絵音の「まだまだ行けますか?」という言葉を皮切りに、中盤戦は『猟奇的なキスを私にして』からスタート。ステージ後方にも4面のスクリーンが現れ、「デジタルモグラ」を派手に盛り上げると、ほな・いこかが「そろそろゲスの4ヶ条が聴きたいんじゃないの?」と言って、『ホワイトワルツ』の曲間で恒例となっている「ゲスの4ヶ条」が読み上げられた。 続くMCではメジャーデビュー前に休日課長が仕事をしながらバンド活動をしていたエピソードが語られ、「ここまで来ました!!」と横浜アリーナのステージに立った感慨に浸り、この日発売のシングルから『オトナチック』を披露。ここからライブは後半戦に突入し、彼らの楽曲の中でも最もサイケデリックな『Ink』では、川谷がノイズギターをかき鳴らす。 さらにはインディーズ時代からの人気曲『餅ガール』で大量の紙テープが噴射され、アウトロではこちらも恒例の餅撒き。プログレッシブな展開が特徴の『アソビ』から、ラストは『キラーボール』で巨大なダンスフロアを作り出して、本編が終了。アンコールでは川谷とほな・いこかの掛け合いが印象的な新曲を初披露し、『ノーマルアタマ』で再びフロアを盛り上げると、すぐにメンバーはステージを降りていく。 すると、両サイドのスクリーンに今度はメンバー4人のLINEでのやり取りが映し出され、話の流れでインディーズ時代のデビュー作『ドレスの脱ぎ方』を全曲演奏することが発表されると、場内からは驚きの声! そして、その宣言通り、再び現れたメンバーはアルバムの一曲目『ぶらっくパレード』を披露し、さらには『モニエは悲しむ』、ライブでやるのは今回が初めてという『ゲスの極み』と続け、古くからのファンを喜ばせた。 そして本横浜アリーナ公演のLIVE特番がスペースシャワーTVにて、来年1月に「ゲスの極み乙女。ワンマンツアー『ゲスチック乙女~アリーナ編~』」として独占放送されることも解禁された。こちらも期待だ。 クレジット:橋本塁(SOUND SHOOTER)