aiko 7ヶ月ぶりNEWシングルが相武紗季主演ドラマ主題歌に
4月にリリースされた『夢見る隙間』以来、約7ヶ月ぶりとなるaikoのニューシングルの発売が発表された。タイトルは『プラマイ』。11月18日に発売となる。また、このシングルの表題曲は、NHK-BSプレミアムにて11月3日(火)より放送されるドラマ「仮カレ」の主題歌に起用されることが決まった。「仮カレ」は、イマドキ女性の恋愛事情を描くハートフルコメディで、ネット通販会社を舞台に、仕事に燃えるアラサーの主人公・豊島杏を相武紗季が演じ、結婚を目標に掲げるアラフォー女性・原田美樹を中越典子が演じる。aikoの新曲が恋愛ドラマをよりいっそう盛り上げてくれそうだ。 カップリング曲には、10月17日(土)公開となる映画「先輩と彼女」の主題歌として既に話題となっている新曲『合図』が収録されることも発表となった。映画の予告で一部その楽曲を聴くことができるが、ファンの間でも発売が待ち望まれている作品。収録曲2曲にタイアップが付くということもあり、大きな話題になりそうだ。その他の収録楽曲や、楽曲のオンエアに関する詳細などは追って発表となる。 年末には、12月26日(土)、27日(日)に、aikoLiveTour『LoveLikePopvol.18~うしろ髪ひかれクリスマス~』と題した横浜アリーナ2days、12月31日(木)には大阪城ホールにて『LoveLikePopvol.18~CountdownLiveあっという間の最終日~』と題した自身初となるカウントダウンライブを行う。毎度チケットは入手困難となるため、チケット発売情報も確りとチェックしよう。 年末へ向けてまだまだ駆け抜けていくaikoからは目が離せない。