出演作の半数がホラー!話題の美人女優 飛鳥凛とは?
10月22日から幕を開ける舞台「BIOHAZARD THE STAGE」に出演する飛鳥凛が話題となっている。 全世界でシリーズ累計6500万本以上の大ヒット、さらにハリウッド映画版がシリーズ化するなど世界的な人気の「BIOHAZARD」。 実は、舞台化は世界初だというのだが、本作品に出演する飛鳥凛が話題に。 元々は、「仮面ライダーW」の園咲若菜役で注目を集め、役名でCDを出すほどの人気を博した女優だが、出演作がホラー作品への出演が非常に多く、これまでにも映画「口裂け女2」(主演)、「ひぐらしのなく頃に」、「制服サバイガールⅠ、Ⅱ」(主演)、「七つまでは神のうち」とほぼ半数がホラー。 ドラマでも「呪報2405 ワタシが死ぬ理由」や今月16日に放送の「劇場霊からの招待状」などホラー作品ばかり! そんな飛鳥は元々ゲーム版のバイオハザードの大ファンで、 「ゲームの頃から大ファンで、世界初の舞台化という作品に出演できて本当に幸せ。」「レベッカ・チェンバースという役はオリジナルのゲームキャラクターで、その未来を描いている今作ではゲームファンの期待も裏切らないようしっかりレベッカを演じたい」と気合いも充分だ。 ただ、これだけホラー作品に登場しているのにもかかわらず、実際は大の怖がりで、「お化け屋敷には凄く惹かれるけど、友達5人ぐらい誘って周りを固めてもらわないと入れない(笑)」という。 そんな怖がりな飛鳥が、10月19日に舞台出演者の紗綾と共に二人で実際にバイオハザードを実況プレイしてみるという非常にシュールなニコニコ生放送も決定しているので必見だ。