指原莉乃が「制服の下にパーカー着てる系男子と恋したかった」恋愛観を語る
HKT48指原莉乃の公式Twitterの書き込みが話題となっている。 指原が急に「制服の下にパーカー着てる系男子と恋したかった」から始まった恋愛観に関する書き込み。映画「ヒロイン失格」を見た指原が勢い余って書き込んだ模様だ。 書き込みは妄想全開で「制服の下にパーカー着てて、購買で指原がいつも買ってるメロンパンが売り切れ寸前だと先に買ってくれてぶっきらぼうに渡してくれて 、運動神経抜群でいろんな部活からスカウトされるのに、お前ひとりで帰せねえだろっていって帰宅部で毎日家まで送ってくれて、」としながら続けて「それでも指原はその想いを伝えられなくて、でも彼のことを好きな先輩ができてしまって、最近はその先輩と彼がいい感じで、切なくて泣きたい人生だった」という壮大なストーリー仕立て。 「高校生の時に、制服の下にパーカー着てる系男子と出会ってたかったの」という指原は、基本的には年上が好きとのことであくまで高校生の時に、「制服の下にパーカー着てる系男子」と恋をしたかったそうだ。 この書き込みに、ファンからは「なにがあったのか?」と不思議がる書き込みが多数見受けられるが、指原は最終的に「ちゃらくなくて夜中に飲みに行かなくてある程度落ち着いてる人という条件が揃っていればもうなんでも。。」と最終的には投げやりな理想のタイプを発表し、この恋愛話は終了した。 いまや日本で一番忙しいアイドルである指原莉乃、恋愛はまだまだ無理なようだ。