川栄李奈 落書きされた顔がジャケットに?
8月1日公演、2日昼公演(倉持明日香) / 夜公演(川栄李奈)の卒業セレモニーの模様を余すことなく収録した『AKB48 真夏の単独コンサート in さいたまスーパーアリーナ~川栄さんのことが好きでした~』DVDとBlu-ray発売が11月4日(水)と迫った中、先駆けてジャケット写真が公開された。 この度のジャケットは、透明スリーブにイラストが描かれており、スリーブを外すと自身の卒業セレモニー時に着用していたピンクのドレスを纏った川栄李奈が見られる仕様となっている。 コンサート中盤ファンファーレが鳴り響く中、『RINA KAWAEI SHOW TIME』がスタート。川栄に所縁のあるメンバーと共に次々に歌唱。指原莉乃2ndシングル『意気地なしマスカレード』リリースに伴い結成されたユニット「アンリレ」(入山杏奈 / 川栄李奈 / 加藤玲奈)では『キャンディー』をキュートにパフォーマンス。 川栄選抜15名では、旧Team 4の代表曲であり2013年のリクアワで見事1位の座に輝いた『走れペンギン』で躍動。2012年3月研究生から昇格後、10月に一度解散したTeam 4メンバーも集結し、公演曲『RUN RUN RUN』を披露するなど大いにファンを歓喜させた。 卒業セレモニーでは、川栄がファンに向けた手紙で感謝の気持ちを読み上げた他、後輩代表高橋朱里、先輩代表横山由依が川栄宛の手紙を朗読。最後は、メンバーが作った花道を歩き「AKB48に入れて本当に良かったと思っています。たくさんのメンバー、ファンに出会えて、皆さんが私の背中を押してくれて。皆さんがいる限り、私は頑張れると思います。本当にありがとうございました。」と深々と一礼。最後は「バイバーイ!バイバーイ!ありがとうございました。」と感謝の気持ちを川栄らしく伝え、スクリーンの向こう側へ巣立っていった。