NGT48海外で初パフォーマンスに3万⼈の⼤舞台
NGT48が10⽉11⽇(日)に、韓国・釜⼭アシアードメインスタジアムで開催された 「Asia Song Festival(アジア ソング フェスティバ ル)2015」に出演した。 アジアの⼈気アーティストが出演する「アジアソングフェスティバル」は、NGT48がこれまで体験したことのない、観客数が約3万⼈という⼤舞台。 しかし、そんな記念すべきイベントにも関わらず、⾬⼥として知ら れる柏⽊由紀も参加したからか、前⽇が⼤⾬で事前リハーサルがほとんどできないまま、本番当⽇を迎えることになった。さらに観客の9割が⼥性という、AKB48 グループが⽴つステージとしては異例の状況。キャプテンの北原⾥英と柏⽊以外は、もちろん初の海外でのパフォーマンス ということで、メンバーは開演前、極度の緊張と不安に包まれた。 しかし、ステージに⽴つと、会場からは割れんばかりの⼤歓声。曲の合間での MC で、「ヨロ ブン アニョンハセヨ〜 NGT48 イムニダ」と北原キャプテン韓国語で挨拶をすると、普段聞き慣れない⼥性の歓声も。会場には韓国の48グループファンクラブの⽅たちが⽤意してくれた横断幕もあるなど熱烈な歓迎ぶりでメンバーも感激。会場の熱気に後押しされ、 ⼀⽅で、アジアを代表し世界を舞台に活躍する 他のアーティストの⽅々のハイレベルなパフ ォーマンスを⽬の当たりにし、課題も感じていた様⼦。 トークステージには、北原、柏⽊、荻野、加藤、⻄潟の5名が参加し、イ・トゥクさん( SUPER JUNIOR)とMC を務めた。 「NGT48 の可愛いポーズを披露して」というフリに、新潟県の 県⿃であり、NGT48 のロゴや⾐装のモチーフになっている朱鷺のマネを披露。お返しとして、イ・ト ゥ クか ら はSUPER JUNIOR の決めポーズや、韓国での可愛いポーズを教えてもらい、 互いに真似し合う⼀幕も。 今回の韓国でのライブ出演は、劇場公演デビュー前でまだまだ経験の浅いNGT48にとって、またとない貴重な経験となったようだ。 【メンバーコメント(ステージ上での挨拶) 】 北原⾥英 「ヨロブン アニョンハセヨ〜 NGT48 イムニダ。私はキャプテンの北原⾥英です。本⽇はアジアソングフェスティバルに参加させて頂きありがとうございます。皆さんの前で歌えることが出来てとても光栄です。」 柏⽊由紀(AKB48兼任) 「こんにちは、柏⽊由紀です。今⽇は皆さんにあえることを楽しみにしていました。 NGT48 は、⽇本の AKB48 グループの中で、新潟に出来た⼀番新しいグループです。私たちはこれから世界へ向けて、⽻ばたいていけるように頑張ります 。よろしくお願い致します。」 写真(C)AKS