松田聖子 ファンミ大盛況!中田ヤスタカとタッグの新曲を初披露
今年、デビュー35周年を迎えた松田聖子が10月11日(日曜日)舞浜アンフィシアターにて、ファンクラブイベント「Seiko Matsuda Fan Meeting 2015」を行った。全3回公演、合計・約6000人のファンが会場に詰め掛けた。 「デビュー35周年!本当にありがとうございます。皆様の応援のお蔭でここまで来れました。」と黒いワンピースで登場した松田聖子は、「今日は、音楽で一緒に、デビューから振り返ってみましょう!」と、キーボードの野崎洋一と一緒に、1980年のデビュー曲『裸足の季節』や、『一千一秒物語』、『天国のキッス』などを、思い出トークと共にワンフレーズずつ披露した。35年の歴史を歌で振り返っていく。その後、大抽選大会などを行い、思い出に残る、大盛況のファンミーティングとなった。 その後のミニライブでは、白いTシャツに白のミニスカートで現れ、『マンハッタンでブレックファスト』から、ライブがスタート。 白いドレスワンピースに着替えて再度登場した松田聖子が、10月28日に発売するニューシングル『永遠のもっと果てまで』を初披露すると、会場に集まったファンからは大きな歓声が上がった。歌い終わると、「大切な曲が出来まして、この曲も一生懸命歌って参りますので、皆様応援どうぞよろしくお願い致します」と、深々とお辞儀をした。この楽曲は作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂(松任谷由実)、編曲:松任谷正隆という松田聖子の歴史を語る上ではずせない制作陣が31年ぶりに集まった、ファン垂涎の新曲となっている。 さらに、ここで10月28日に発売する両A面シングルのもう1曲、『惑星になりたい』の制作陣について、本人から発表が。作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂(松任谷由実)、さらに編曲には中田ヤスタカ(CAPSULE)を迎え、新たなタッグとなった。そして、その楽曲もここで初披露。「POPで、かわいらしい楽曲なので、この楽曲も応援してください。」と言うと、今までの松田聖子の楽曲に新たな彩りを添える、中田ヤスタカ(CAPSULE)アレンジ全開の楽曲に、ファンからは大きな拍手が贈られた。 『赤いスイートピー』を会場のファンと共に最後に合唱し、全6曲を余すとこなく披露。本人が言っていたように、音楽で35年を振り返る、という豪華なファンミーティングに、会場は幸せな空気に包まれながら、終了した。