「iDOL Street」が仕掛ける舞台のキャストが豪華すぎる
エイベックス初のアイドル専門レーベルである、“iDOL Street”が、今年1月に発表した一大プロジェクト「Girls Street 2020」。 ステージ上に上がる“パフォーマー”であるアイドル、女優、タレントのみならず、そのステージを裏側で支える「クリエイター」の女の子が、相互に関係しながらエンタメ業界を盛り上げるプロジェクトだ。 そんなプロジェクトが行う舞台、「Girls Street Theater 2015 座・花御代コンチェルト」が、11月6日~15日で、渋谷のGBGKシブゲキ!!にて行われることが決定。 メインビジュアルと詳細が発表され、舞台の全貌が、少しづつ明らかになってきいている。 出演者はSUPER☆GiRLSから、前島亜美、渡邊幸愛、浅川梨奈、Cheeky Paradeから溝呂木世蘭 GEMから、金澤有希、森岡悠、南口奈々、小栗かこ、村上来渚、武田舞彩、伊山摩穂が決定している。 また今回の舞台は、出演するアイドル以外のキャストが豪華なところも見どころ。 小劇場から大劇場まで多くの作品に出演している、桐山京や、舞台「ライオンキング」スカー役の日本初演キャストを務め、「キャッツ」や「エビータ」といった人気作品にて複数の役を演じるなど、活躍中の俳優、下村尊則の出演が決定している。 また、7月12日に行われたGirls Street 2020のオーディション合格者も参加している。本作品で宣伝美術で参加しているクリエイター鹿熊茉夕、女優タレント部門で合格した松永寧音が出演者として登場する。 ストーリーの舞台は、江戸。江戸の一角に位置する花柳界の中心地。幕府指示の元、かつて一世を風靡したカリスマ人気芸妓のひな菊率いる芸妓集団“ひな菊一座”。その、ひな菊一座に入団を目指し、全国津々浦々から集まった先鋭たちが織ります、青春ストーリー。 出演者たち全員が、オーディションを受け、芸能界に入ってきており、それぞれの生い立ち、事情などを脚本を起こすタイミングからインタビューをしている。 ちりばめられたメンバーそれぞれのストーリーが垣間見れることになりそうで、今回の舞台、「Girls Street Theater 2015 座・花御代コンチェルト」の見どころの一つでもある。 エンタメ界で活躍する女の子たちのための舞台に注目だ。