SKE48松村香織地元凱旋!珠理奈の写真集に物申す?
先月29日に発売した衝撃の写真集『無修正』(白夜書房)が大きな話題となっているSKE48の松村香織がサイン本手渡し会を開催した。開催場所に選んだのは彼女の出身地、埼玉県和光市。和光市駅前にあるイトーヨーカドー内のくまざわ書店で行われた。 「都内での手渡し会の話があったんですが、せっかくなので地元でやりたいとお願いしました。くまざわ書店さんでずっと本買ってたし、ヨーカドーさんの大きさも知っていましたし、ここのコージーコーナーでアルバイトもしてましたし、どうにか和光市でとお願いしました。まさかここに戻って来れるとは思ってませんでした。」と願いがかなってうれしそうな表情を見せた。 イベント前の囲み取材には、なんと和光市長の松本武洋氏、ゆるキャラのわこうっちも駆けつけ「わざわざすみませーん」と恐縮していた。 写真集には、松村が実際通った中学校や、和光市役所前での撮影など、地元での撮影もふんだんに取り入れられているが、松本市長は「学校での撮影では教育長から“学校にふさわしくないものは絶対だめ”と言われていました。そこを説得して撮っていただいたのですが、写真集のタイトルが『無修正』と、東スポさんで知りまして(笑)。終わったな。これは教育長から激怒されると覚悟しました。(笑)中身を見て安心しました。」というエピソードが飛び出すと、松村はさらに恐縮したが、「和光市民に自信を持ってお届けできる。」と太鼓判を押されて、頭を掻いた。 松井珠理奈が写真集発売会見で「ライバルはかおたん。こちらの方が無修正です!」と答えたことについて「見ました!化粧以外は全部無修正です!顔から下全部です。」と意気込んだ。さらに「すごい“キレイ”だし“かわいい”ですけど、“身近”な感じがしませんね。その点私は“手が届きそう”な感じでしょ?」とアピールした。