高橋みなみ舞台「アドレナリンの夜」で小嶋陽菜が心配
AKB48グループ総勢90人が日替わりで出演するリーディングシアター「アドレナリンの夜」が、Zeppブルーシアター六本木にて上演される。 初日となる10月6日に高橋みなみ(AKB48 TeamA)、谷口めぐ(AKB48 TeamA)、西野未姫(AKB48 Team4)、小谷里歩(NMB48 TeamN)、森保まどか(HKT48 TeamKⅣ)、演出の堤幸彦氏が会見を開いた。 今回の「アドレナリンの夜」原作は秋元康氏。「何気ない日常に潜む恐怖が、リーディング×映像ギミックに よってリアルに蘇る!」が謳い文句となり、全く新しいAKB48の劇が見られると話題となっている。 また、テレビ朝日でも「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」としてドラマ放送が開始するだけに、関連性など気になるところだ。 会見では、堤氏は「大変怖い恐ろしいものが出来たと思う」と大絶賛。対して小谷は「標準語にまず慣れることが大変でイントネーションが難しいです。あと、怖いものが苦手で、頂いた資料も開始5秒で閉じました」と話すと堤氏より「勉強できてないじゃん!」とツッコミが   また、各グループ、チームから選ばれただけになかなか集まれず、みんな集まってのリハーサルが出来たのが当日だという。高橋みなみは「グループLINEを作って連絡を取り合った」という。   また、そんな高橋みなみ、霊が見える方だとか…リハーサルでは音響トラブルもあったということで「霊の方々には静かに見ていてもらいたいです」と話した。   また、総監督という立場から注目のメンバーを聞かれると「若手にスゴく頑張って欲しいという気持ちがありますが…一人というなら小嶋さん(陽菜)ですかね。小嶋さんが本を持って演技をしている姿が想像できない!小嶋さんの出演が最終日の方なので、最後にやってしまうんじゃないかと(笑)、ただ、10年間やってきているのでしっかりと「女優・小嶋陽菜」を見せてくれると信じてます」と話し、笑いを誘った。