Apink 初日本ツアーFinal大盛況!ファンからの逆サプライズに涙
6人組ガールズグループApinkが10月4日(日)東京国際フォーラムホールAにて、初の日本ツアー「Apink 1st LIVE TOUR 2015 ~PINK SEASON~」東京公演を行った。 名古屋、福岡、大阪と巡った全国ツアーの最終地となる東京。ツアーファイナルとして発表されたこの日のチケットには申込みが殺到、一般発売と同時に即完に。その状況を受け10月12日には追加公演が決定したが、さらにチケットを入手出来なかった全国のファンのために各地の映画館50館でライブを同時生中継するライブビューイングが急きょ決定、多くの注目が集まっていた。 Apinkは昨年10月の日本デビュー以来これまでにシングル3枚をリリース、今年8月には日本1stアルバム『PINK SEASON』を発表。その全てがオリコンランキングTOP5入りのヒットを記録し、次世代ガールズグループとして同世代女子を中心に熱狂的な支持を得ている。 日本で初の開催となる全国ツアー「Apink 1st LIVE TOUR 2015 ~PINK SEASON~」は追加公演も含め全国5会場6公演開催。ライブビューイング観客数も合わせ、合計約3万人を集める。 会場には満員となる5000人のファンが集結、キュートなピンクのミニドレスに身を包んだメンバーがステージに現れると大きな歓声で迎えた。 MCでは、 「日本での初のコンサート「PINK SEASON」もいよいよ今日が最後。皆さんも一緒に盛り上がってくださいね!」(ハヨン) 「皆さんに本当に会いたかったです!」(ボミ) 「長い間待ってくださった皆さんがいい思い出を作って帰れるようにがんばります。皆さんも最後まで一緒に楽しんでくださいね!」(チョロン) とメンバーがそれぞれ日本語で挨拶。 またナムジュが「今日は全国の会場でライブが生中継されています。みんなで挨拶しましょう」と声をかけ、「こんばんは、Apinkです!」と中継カメラに向かって全国各地のライブビューイング会場のファンにも全員で挨拶した。 ライブでは日本デビュー曲「NoNoNo」や「LUV」などヒットシングル含め、日本1stアルバム『PINK SEASON』収録楽曲を全曲披露。韓国での最新ヒット曲「Remember」日本語バージョンなど、今回のツアーで初披露する楽曲も多数あり、見どころ満載の内容となった。 アンコールラストには、曲の途中で会場のファンが「だいすき」と書かれたメッセージボードを一斉に掲げるというサプライズがあり、それを見たメンバーは思わず涙。日本デビューからもうすぐ1年、着実に築かれてきた日本のファンとの絆を確認し合い、大きな感動の中ライブは幕を閉じた。 またこの日、ライブ中にはメンバーからのサプライズな報告も。 「今日は大事なお知らせがあります。Apinkの4枚目のシングルが発売されることになりました!」とリーダーのチョロンがリリースを発表し、会場は大歓声に包まれた。 ニューシングル「SUNDAY MONDAY」は12月9日にリリースとなる。 なお、日本での1stライブツアーの模様は「公式フォトブック」として発売されることも決定している。