YUKI 全国ツアーSTART!ニューシングル『tonight』も発表に
10月4日、幕張メッセ公演を皮切りに全国アリーナ・ツアー「YUKI LIVE dance in a circle‘15」がスタートした。 昨年9月に7thアルバム『FLY』を発表後、YUKIは「Flyin‘High」ツアー(2014年10月~2015年1月)、「Dope Out」ツアー(2015年3月~7月)、そして、今回のアリーナ・ツアーと、約1年の間に3本のツアーを行うことになる。 彼女が1年かけてライブをやり続けるのも、年間50本以上のライブをするのも、ソロになって初めてのことだ。 「Flyin‘High」ツアーと「Dope Out」ツアーは、演奏曲目、舞台セット、衣装、演出などを大幅に変えたライブを披露していただけに、前ツアー終了後から約2ヶ月という短いインターバルでスタートする今回の新しいツアー、そして、2011年に行われた「MEGPHONIC」ツアー以来となるアリーナ・ツアーに期待が膨らんだ。 ツアー初日ならではの緊張感と高揚感が会場に広がる中、約8000人のオーディエンスで超満員となった幕張メッセのステージに登場したYUKIの伸びやかで張りのある第一声を聞いた瞬間、今回のステージはこの1年間ライブをライフワークとして歌い続けてきた彼女の声が主軸となっているんだと確信した。 『FLY』収録曲や久しぶりにライブで披露する曲、シシヤマザキとのコラボレーションが話題となった「好きってなんだろう…涙」など、新旧織り交ぜたメニューに並んだ曲たちには新たなアレンジが施され、新たな命が吹き込まれていた。また、「映画に出てくる人たちがみんな辛そうだったので、もう雨は止んだよって、肩をちょっと抱いてあげるような気持ちで歌いました」と言って、ゴスペルのような神聖さ、そして優しさと大きな愛を持った新曲「tonight」を初披露。この曲は映画『グラスホッパー』主題歌として書き下ろし、11月4日にシングルとしてリリースされることが決定している。 ツアーが始まる前のインタビューで、YUKIは「今回のアリーナ・ツアーはコンセプチュアルなライブではありません。そして、『FLY』というアルバムを表現したライブでもありません。完全に独立したものになると思います」と言っていた。ここのところのライブでは、彼女がエレキギターを弾き、ドラムを叩きながら歌う場面があったが、今回のツアーでは今まで見せたことのない姿をある曲で見せたり、アリーナ会場ならではの大規模なセットが観客の目の前に広がる景色を変化させたり、今回のツアーのための新しいライブ・アレンジで曲に新たな命を吹き込んだりと、まさに“完全に独立したものになる”というYUKIの言葉通りのライブが目の前にあった。初日の幕張メッセを皮切りに、国立代々木競技場、大阪城ホールを回るこのツアーは、日本武道館2DAYSでファイナルを迎える。今のYUKIが目の前にいる今回のツアーでは、ライブで演奏する1曲1曲が、ライブを重ねるたびに成熟していくのだろう。そして、今回のアリーナ・ツアーが、ライブをやり続け、歌い続けてきたYUKIの集大成を見せる場所になることは間違いないだろう。