欅坂46の冠番組スタート!個性豊かなメンバーが話題に
8月に結成され、続報があまり紹介されない状態の、乃木坂46「関連アイドルグループ」である欅坂46。 秘密のベールに包まれていた彼女たちの冠番組「欅って、書けない?」が、テレビ東京系の関東ローカルで放送された。 MCは土田晃之とハライチの澤部佑が担当し放送はスタート。初回放送では、スタジオには土田と澤部だけが登場。各メンバーはそれぞれが自撮り動画で自己紹介をする形となった。 乃木坂46フリークだという土田が何かと乃木坂46と比較をしながらアンケートプロフィールを見て分析をしていく。 今回は、石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波の6人が紹介された。 石森は、犬への愛をたっぷりと紹介。アンケートでは今までに一番嫌だったあだ名に「朝青龍」と書きなぜなのか?と、話題に。 今泉は、特技のフルートを披露し、私服紹介で背景に写った自宅が余りに豪華だとして驚かれる。 上村は、白のフリフリを私服として紹介し「妖精じゃん」と突っ込まれ、尾関はアンケートへキャッチコピーを「土田さんと澤部さんにぜひ考えて欲しい」と振ってきたことで土田から「できる女だと思いますね」と分析される。 織田は特技の前屈を見せてからすぐに宝物として妹を後頭部で紹介し「怖いよ…」と澤部から突っ込まれる。 小池は「欅坂46にビッグウエーブを起こしたいです」と決めるも「練習しすぎてロボットが喋っているみたいになっちゃってる」と澤部に突っ込まれた。 次回も自撮り動画で自己紹介が放送される予定だという。