元レースクイーン佐野真彩 実はハイレグ初体験
2010年にレースクイーンデビューを果たし、これまでにレースクイーンの様々な賞を受賞してきた佐野真彩が、2枚目のDVD『真彩に恋して』(ラインコミュニケーションズ)の発売を記念したイベントが、ソフマップアミューズメント館で開催された。 7月に沖縄で撮影された今作品は、セクシーなお姉さんの色気が堪能される内容になっている。「若い男の子が私の家の隣に引っ越してきて、その子とだんだん仲良くなって、気が付いたらお姉さんが誘惑をしていく感じになっています」と佐野。 レースクイーンということもあり、ハイレグの水着が多いが、「レースクイーンをずっとやっていたんですけど、実は今までハイレグを着たことが無かったんですよ。でも世間のイメージはレースクイーン=ハイレグみたいなので、今さらな感じがありましたけど、ハイレグを着てみました。初めて着る時はドキドキしましたけど、せっかく着るならカッコ良く着こなしたいので、実際カッコイイと思いますよ」と話した。 お気に入りのシーン聞いてみると、ハイレグのシーンではなく服を着ているシーンがお気に入りだという。「ボディコンを着ているシーンがありまして、その服が濡れてエロさがかなり出ているんですよ。ここを良く見て欲しいですね」とアピールした。 現在30歳の佐野、結婚について問われると「今まで年下とかはダメだったんですけど、このDVDで年下の男の子を誘惑する設定をしたことで、これがすごく楽しかったので、これからは年下はありだなと思いました。年下も視野に入れて婚活をしていきたいです。ちなみに大学生くらいの年齢までOKです」と年下の恋人の募集をアピールした。