HKT48美尻No.1 松岡菜摘写真集に指原おじさん化?
HKT48の二大美少女と言われる松岡菜摘と森保まどかが、揃って待望の1st写真集の発売となり、その発売記念イベントが、福家書店新宿サブナード店で開催された。 松岡は新世代トークアプリ755ソロ写真集争奪企画で「ヤングジャンプ」のコラボ企画の勝者として『追伸』(集英社)の発売の権利を獲得し、森保も同企画で「週刊プレイボーイ」とのコラボ企画で1位となり『森のモノローグ』(集英社)を発売することになった。 松岡は「島の女の子をテーマに山口県で撮影しました。都会っぽさをなくして、ベッドではなく布団や畳で撮影して、日本らしく和な感じが全面に出た写真集になっています」とアピール、森保は「沖縄県と東京で撮影をしたんですけど、自分で言うのも何なんですけど、明るくて爽やかでアイドルらしい写真集になっていると思います」と微笑んだ。 お気に入りのカットについて問われると松岡は「バックショットが多くて、ファンの人がお尻が好きだって言ってくれるんですよ。恥ずかしいですけどお尻のカットがオススメです。せっかくなのでジックリ見て欲しいです」と照れながら答え、森保は「制服を着てアップになっているカットがあるんですけど爽やかです(笑)。恐れ多いんですけどCMのポスターみたく爽やかさが出ていると思うので、お気に入りです。今まではクールに見られていたので、この写真集をキッカケにイメージが変わったと言われたので、そっち路線でも行きたいと思います」と話した。 指原莉乃に写真集を見せた感想を聞かれると松岡は「めっちゃエロい。よい。とおじさんみたいなLINEが来ました」と話し、森保は「意外だったと言われました。今までクールなイメージを求められていたんですけど、ほとんど笑っているんですよ。これからはクールビューティーでなくてホットビューティーとして頑張ります」と意気込んだ。 この写真集の出来は何点か聞かれると松岡は「99点です。残りの1点は2冊目の写真集が出せるようにということでポジティブに付けました」。森保は「100点です。100点でないとファンの方に申し訳ないので、皆さんがくれたチャンスだったので、それを存分に生かせたと思いますので」と振り返った。 最高のデキの写真集でスタートを切ったことで、今後は2冊目も3冊目と大きな期待が持てそうだ。