河村隆一 97年ツアーのセットリストを再現「未熟な感じがいいよね」
9/25~9/27、ZEPPブルーシアター六本木3daysの興奮も覚めやらぬ河村隆一が、10/2、中野サンプラザに会場を移し、「Ryuichi Kawamura Live『鼓動』」を開催した。 隆一がソロデビューした1997年に行われた初のソロツアー「鼓動」 のセットリストをそのまま再現して歌う、という今までにない試みのライブだ。 隆一は客席に手を振りながら、颯爽とステージに登場。美しいピアノのイントロで始まるM1『Glass』でライブはスタートした。いきなり“隆一節”がうなりを上げ、会場のボルテージは静かに上がっていく。歌い終えると「皆さん、こんばんは。河村隆一です」と挨拶。「Ryuichi Kawamura Live『鼓動』」の主旨を説明して、「97年当時を思い出したり、今を楽しんだりしてください」とファンに呼びかけた。 ここからM2『Kiss』、M3『SE.TSU.NA』と彼独自のポップセンスが光るナンバーを立て続けに披露。さらにM4『TWINKLE』、M5『KI.SE.KI』と懐かしいナンバーが続き、客席からは「キャ~!!」「隆一さ~ん!!」と黄色い声援が飛び交っていく。その声援を受け、ノリノリで歌っていく隆一。「中野サンプラザは音がいい、ということもあるけど、97年の曲が熱いんだよね」と、ファンと一緒に懐かしい楽曲を楽しんでいる様子だ。 さらにMCも冴え渡る。「ライブと全然関係ない話でごめんね」と言いながら座長公演の話や、LUNA SEAのメンバー、SIAM SHADE・栄喜、LUNATIC FEST.の話など、いろんな話題が飛び出していく。 「ソロとして一番最初にプレゼントしてもらった曲です」とM8『CIELO』を歌い、その後はロックチューンのM9『RED』、M9『BEAT』と続く。そして手を挙げて「どうもありがとう!!」とファンの声援に応える。「97年の『鼓動』ツアーを再現する企画に賛同して(会場に)来てくれて、感謝しています。ありがとうございます」と、この日詰めかけたファンに礼を述べた。 「昔の曲を久しぶりにやってみたけど・・・未熟な感じがいいよね。今回、97年の『鼓動』のセットリストを見て驚いたけど、1曲目が『Glass』だったんだよね。『RED』の後に『BEAT』が来てるし・・・どういう心境だったんだろうね(笑)」と話して、客席を笑わせる一幕も。 M11『でも淋しい夜は』、M12『BALLOON』と激しいアクションも付けてノリノリで歌い、「最後はファーストシングルだったこの曲です」とM13『I love you』で締めた。 一旦退場した隆一だが、アンコールで再び登場。10/28に発売されるニューアルバム『Magic Hour(マジックアワー)』に込められた思いを話し、「投げキッスをしたら黄色い声援が起こるような70歳になりたい。俺らの目標はそこだよ」と“25年後の目標”を話して会場を湧かせた。 アンコールでは、「ドラマの撮影中に、ロケバスの中でギターを弾いて作った」と制作エピソードも披露した『涙色』、そして『蝶々』を披露。ラストの『Love is…』では、冒頭、マイクを使わず生歌を披露。おなじみのラブバラードを情感たっぷりに歌い上げ、ファンも大満足のライブとなった。 すべてを歌い終えた隆一は「また会おうね。みんな、愛してます!!」と客席に手を振り、黄色い声援を背に受けて退場した。