サイキックラバー 今年初ワンマン「特捜戦隊デカレンジャー」ほか熱唱!
10月7日に「特捜戦隊デカレンジャー」の放送終了10周年を記念し制作したアルバム『特捜サウンドファイル サイキックラバー style 2015』をリリース、同日には、Vシネマ「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」もDVD&Blu-rayでの発売も決定しているサイキックラバーが、今年初となるワンマンライブ「サイキックラバー LIVE 2015 “STATE OF EMERGENCY”」を、9月27日(日)池袋 LIVE INN ROSAを舞台に行った。 幕開けを飾ったのは、「特捜戦隊デカレンジャー」のテーマ曲で、サイキックラバーの名前を世に知らしめた『特捜戦隊デカレンジャー』の10YEARS AFTERバージョン。通常、終盤を彩る熱狂ナンバーがいきなり飛びだしたことから、観客たちのテンションも冒頭からMAX状態。「ワン・ツー~」お馴染みの掛け声が場内中に轟けば、YOFFYの歌との熱い掛け合いも登場し、早くもクライマックス状態を彷彿とさせる。 この日は”10 YEARS BEFORE”をテーマに、サイキックラバーの歴史を時空を越えて楽しく渡り歩くよう新旧さまざまな楽曲が登場。アコギを手にした爽やかな演奏を届けたアニメ「住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー」のオープニングテーマ『いつも手の中に』や、気持ちを激しく高揚させゆくアニメ「リングにかけろ1」のエンディングテーマ『TAKE MY SOUL FOREVER』、熱く魂を震えさせた、PS2ゲーム「DUEL SAVIOR DESTINY」のテーマ曲『NO WAY OUT!』など、ライブで演奏する機会の少ない楽曲を次々と演奏。レア曲という面では、ライブ初披露となった、場内に熱狂の風を巻き起こしたPS3/PSVゲーム「スーパーヒーロージェネレーション」の主題歌『Jumpn’ to the Space』。活動初期には頻繁に演奏していた、スリリングでファンキーな『SUBLIMINAL I LOVE YOU』。 もちろん、ライブに於ける定番曲もしっかり登場。変拍子効いた激しくもスリリングな演奏で熱狂導いたアニメ「ウィッチブレイド」のオープニングテーマ『XTC』や、アニメ「超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説」のエンディングテーマにも起用、サイキックラバーのライブを初期から支えてきたデビュー曲の『NEVER ENDING ROAD』へ観客たちも大熱狂。 最近のサイキックラバーの顔とも言える、アニメ「カードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編」の主題歌『Vanguard Fight』に熱く魂をたぎらせれば、ライブで熱狂の盛り上がりを描くに欠かせない『とんでもねぇヤツらがやって来た!』や、スリリングな高揚を導き出した『Prisoner』に『SAVE MY SOUL』、灼熱の太陽の元で熱いパーティ繰り広げる気分を導いた『RAISE YOUR HANDS!! ~Reach for the sky~』など、熱狂彩る楽曲も次々と演奏。 さらにこの日は、10月7日に発売となる『特捜戦隊デカレンジャー 10YEARS AFTER特捜サウンドファイル サイキックラバー style 2015』から先行する形で『特捜戦隊デカレンジャーEMERGENCY ver.』をいち早く披露。より懐深い刺激を増した姿に観客たちも嬉しい興奮を覚えれば、唸りを上げて暴走した『SWAT ON デカレンジャー』や一体化した掛け合いに魂の高揚止まらなかった『デカレンジャーアクション』など、どの楽曲も、激しいドラマ性を増した形で披露。 会場中が「あっぱれ!!」の大コールに包まれた、「侍戦隊シンケンジャー」のオープニングテーマ『侍戦隊シンケンジャー』を通した熱狂一体化した風景。アンコールで演奏した『JUMP!』や『サイキックラバーのテーマ』でも、何時もの楽しく祭り上がった風景を描き出していた。お馴染みと懐かしさ、新たな始まりの表情まで、音楽の時空を越えて楽しめたワンマンライブだったのは間違いない。