三代目JSB初のドキュメンタリー映画 2016年初春に公開
9/30(水)東京ドームで行われた「三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2015“BLUE PLANET”」追加公演にて、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEに密着した、初のドキュメンタリー映画『Born in the EXILE』の全国ロードショー(2016年初春 全国公開)が発表された。 三代目 J Soul Brothersと言えば、昨年「第56回輝く!日本レコード大賞」で大賞を初受賞し、2015年1月にリリースしたアルバム『PLANET SEVEN』では異例の大ヒットを記録中の、爆発的人気ダンス&ヴォーカルグループ。メンバーが個々でも、ドラマや映画、CM出演やMC、ラジオパーソナリティなど、活動の幅を広げ、さらに今年の5月からは初の単独ドームツアーもスタートさせ、福岡、名古屋、大阪、札幌、埼玉、西武の全国計6会場で行われた本公演のみならず、東京、大阪での追加公演も発表し、快進撃を続けている。 そんな彼らの全貌に迫る初のドキュメンタリー映画『Born in the EXILE』。 企画プロデュースはEXILE HIRO、監督はドラマ「トリック」(テレビ朝日系)や「情熱大陸」(TBS系)などの演出のほか、EXILEなど多くのアーティストのMusic Videoやライブ映像を創りあげてきた保母浩章が担当する。 撮影は2014年10月からスタート。メンバー全員の念願だった「単独ドームツアー」の舞台裏をメインに、三代目J Soul Brothersとしての活動や個々の活動、そしてプライベートにも密着し、各メンバーの個性や魅力を紐解いていく。これまでの撮影日数は350日以上、撮影時間は延べ600時間を越え、彼らの苦悩や努力そしてプロフェッショナルな姿と夢を追い続ける姿勢が余すことなく収録されている。 これまでの“三代目J Soul Brothers”とは違う、栄光の影にある彼らの未だ知られざる新たな一面を収めた七人の男たちの感動の記録『Born in the EXILE』。今から公開が楽しみでならない。