トミタ栞 元気いっぱい4thワンマン完遂!新曲、カバー、サプライズ満載の“小旅行”
トミタ栞が9月27日(日)に東京都・shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて、ワンマンライブを開催した。 今公演は「トミタ栞 もしも WORLD TOUR 2015 in JAPAN」というツアータイトルにちなんで、ライブ会場を「もしも航空」の飛行機の機内に例えており、開演を知らせる映像では客室常務員に扮したトミタ栞が、フライト(ライブ)の注意事項を読み上げた。 英語が苦手なトミタは、「flight」を「ファイト」、「with」を「ワイズ」と読み間違えるなどオープニングからトミタらしさ全開で会場の笑いを誘う。 赤く染めた髪の毛と、個性的なかわいらしいワンピースに身を包んだトミタが登場し、『大好き、さようなら』『HAPPY AND HAPPY』を立て続けに力強い歌声で披露すると、フロアのボルテージが早くも高まっていく。 最初のMCでは、「こんなにお客さんが来てくれるなんて嬉しい!」と喜びの表情を見せ、「みなさん機内をどんどん揺らしてくださいね」と盛り上げていく。その後は夏の終わりにぴったりな『線香花火』や、トミタ自らがエレキギターを弾く『だめだめだ』、スキマスイッチの常田真太郎が作詞した『エ・ネ・ト・カ・ネーション』などを披露。 2度目のMCでは、観客へのサプライズとしてワンマン前日に人生で2度目に髪を染めた話になり、ファンからの赤い髪色への反応に嬉しそうな表情を見せる。 そして、「せっかくのワンマンなので新曲を持ってきました!」と言ってはじめたのは、スネオヘアーが提供した新曲『同じ空の下』。リリースは未定だが、マイクロコルグを一生懸命に演奏しながら歌い上げる姿が印象的だった。 ライブも中盤に差しかかり、「そろそろこの機体は横浜・みなとみらい上空にやってきました」という一言から始まったのはトミタが作詞を担当したバラード『みなとみらい』。会場も一体となり、しっとりとした雰囲気に包まれた。 ライブの終盤では、「何曲か続けて演奏しますが、超ぶっこんでいきます!すごいパートにしてきました!みなさんまだ体力残ってますかー!?」と言って、ライブの定番曲『MONSTER GIRL』、センチメンタル・バスのカバー『Sunny Day Sunday』、今月9/2にリリースしたばかりの新曲『17歳の歌』、人気曲『きらきら』というライブで盛り上がるアップテンポなナンバーを立て続けに披露し、本編を締めくくった。 アンコールでは、このワンマンから発売された新しいグッズに着替えてトミタが再登場。 ファンから募集を募っていたカバー曲の中から選んだ1曲である、宇多田ヒカルの『First Love』をアコギ1本のみで歌い上げ、今までにはないトミタの大人な一面を見せてくれた。 ラストは、ツアータイトルにもなっている、トミタが作詞作曲を務めた『もしもワールド』で2時間を越えるステージに幕を下ろした。 アンコールのMCでは、saku sakuの5代目MCを務めていたトミタのホームタウンである横浜Bay Hallで、毎年恒例となっている誕生日のワンマンライブが来年も開催されることが発表された。 なお誕生日ライブは曜日の都合上、2016年は誕生日前日の1月31日(日)に開催される。 公演決定にともない、一般販売に先駆けてトミタ栞ファンクラブ「トミタびと」村民(会員)の方を対象にチケット先行予約を現在実施中。 いつでも元気いっぱいのトミタ栞を見ていると、こちらが笑顔になってしまうような幸せなパワーに満ち溢れた魅力いっぱいのワンマンだった。 歌唱力もステージングもさらに進化を続けるトミタ栞から、ますます目が離せない。