高橋みなみ 平田梨奈のアドリブ英語に困り顔
9月29日(火)に、次世代型クラウド通訳サービス「J-TALK(ジェイトーク)」の記者発表会が行われ、AKB48の高橋みなみ、平田梨奈、高橋朱里の3名が登壇した。 今回、発表された「J-TALK」は、株式会社ビーマップが株式会社オサムインビジョンテクノロジーと共同で開発した、「クラウドソーシング型通訳センターシステム」を連携させた通訳サービス。 スマホやタブレットを通して、気軽にいつでも通訳サービスを受けることができ、訪日外国人が増加の一途にある現在、大きな需要が期待されている。 発表会では、10月から提供開始される同サービスを、高橋みなみ、平田梨奈、高橋朱里の3名が、いち早く体験。実際に利用されるシーンをイメージしやすいように、高橋朱里が店員を務めるカフェに外国人観光客として平田梨奈が来店し、J- TALKを利用して接客するというシチュエーションで行われた。 通訳役は高橋みなみが務め、英語がしゃべれない高橋朱里の接客を、タブレットを介してサポート。平田梨奈演じる外国人観光客が希望するコーヒーだけでなく、お店の人気商品「ハロウィン・ケーキ」を勧めることにも成功し、スムーズかつ適切な接客を行うことができた。ドヤ顔でデキる通訳を気分良く演じていた高橋みなみだったが、平田から台本にない英語のセリフが飛び出すと、一転して困り顔で戸惑う場面も。 サービスを体験した3人は、「外国の方に道を聞かれても、これで教えてあげられますね」「海 外旅行の時お買い物もしやすくなりそう」と、その使いやすさと便利さを絶賛。 さらに利用にかかる金額が「0円(※最低価格。有料サービスもあり)」と聞くと、「安い!というか、安いとかじゃない!いいんですか?」と、ビーマップの杉野社長に聞き返すほどの驚きようだった。 発表会後に行われた囲み取材では、「J-TALK」を利用して行きたい海外の場所として、高橋みなみは「マチュピチュ」、高橋朱里は「ボリビア」をそれぞれ挙げました。アメリカ生まれ・アメリカ育ちの平田は、たまに日本語が理解できないことがあるので、逆に日本語を通訳してもらう利用方法を提案した他、気になる海外姉妹グループメンバーとしてSNH48のチュー・チンイー(愛称:キクちゃん)の名前を挙げ、「J-TALKを使ってキクちゃんと仲良.くなりたい」と目を輝かせていた。 (C)AKS