寺田心くん ロックバンドを結成?5SOS日本オリジナルMVで
13歳の頃からYouTubeに様々なアーティストの楽曲のカバーを投稿し、それがワン・ダイレクションの目に留まり、昨年発表した念願のデビュー・アルバムが世界76ヶ国のiTunesで1位を獲得。なんと全米アルバム・チャートでも初登場1位を獲得など、まさに“シンデレラ・ボーイ”という呼び名がぴったりな新世代ポップ・ロック・バンド、5SOS(ファイヴ・ソス)ことファイヴ・セカンズ・オブ・サマー。 世界76ヶ国のiTunesで1位!全米初登場1位!全英初登場2位!世界売上枚数320万枚の、大ヒット・デビュー・アルバムから約1年。5SOSが、早くも待望の新曲『シーズ・カインダ・ホット』を発表!すぐさま世界40ヶ国のiTunesで1位になったこの楽曲の日本オリジナル・ミュージック・ビデオが完成した。 このビデオには、この撮影に伴い結成されたミニソスが出演。“ミニソス”のリードボーカル・ギターはなんと今最もホットな子役、寺田心くん! 5SOSの新曲『シーズ・カインダ・ホット』には歌詞の中に”新世代のリーダーとなる”というフレーズがでてくる。そこでリリースタイミングで来日できない5SOSに代わりプロモーションをしてくれる新世代の若者を探そうという事になり、そんな中5SOSのスタッフが是非今最も熱い新世代の寺田にオファーし快諾されたという。そして彼を中心としたバンド、ミニソスを結成しPV作成に至った。 撮影は今年の8月末に下北沢のライヴハウスLIVEHOLICで行われ、完全にロックンローラーになりきったミニソスメンバーは、英語歌詞にもかかわらず完全なリップシンクでかっこいいパフォーマンスを披露した。 5SOSの世界観をつくりだす為に本番まで何回も何回もミュージック・ビデオを観て練習をしたというミニソスメンバーは、撮影の空き時間も真剣に楽器パフォーマンスの練習をしていた。 撮影には、5SOSオフィシャルページでの公募で集まった子どものエキストラたちも参加。 初めてのミュージック・ビデオ出演だという寺田は撮影を振り返って「お客さんの前でパフォーマンスするのはとっても緊張しました。でもお客さんとたくさん盛り上がれました。(もし本人たちと会えたら)ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーさんと一緒に『シーズ・カインダ・ホット」』を歌いたいです。」とコメント。 ミニソスが表現する5SOSのロックな世界は必見だ。 (C)Sotaro Goto