乃木坂46が「乃木坂を作っていく責任」「1期生と2期生の関係」語る
乃木坂46が「NOGIBINGO!5(日本テレビ系列)」最終回にて、今後の乃木坂46について真剣に語り話題となっている。 乃木坂46がグループとして成長するには?というテーマについて、生駒里奈は「結成して4年がたって、だんだん馴れというものが同時につき始めた頃だと思うんですけど、私はこれが出来るこれが苦手というのが出来てしまっていると思うんです。苦手なものこそ挑戦をしていかないといけないし、常に挑戦していかないと…夏のツアーを通して一回も発言しなかった子もいるとは思うので…全員で話すという機会を作ったけど、まだまだそれがいい方向に向いてはいないので、ドンドンこれから作っていかなきゃいけないと思っていた」と話すと、白石麻衣からも「あまり思ったことを口に出せなくて、言いたいこととかあってもみんなの前で言えない」という発言も出た。 「乃木坂を作っていくうえでの思ったこと…例えばLIVEを作る時にこういうことをしたいとか、こういうことを直したほうが良くなるんじゃないかという意見を出すって言うことだと思うので…私的には、ちゃんと乃木坂を作っていく責任を負っているかって時に、意見を出さないっていうのはもうちょっと責任をもって自覚していかなきゃなと思っています」と素直な気持ちを話した。 また、1期生と2期生の関係について秋元真夏は「1期生が、このまま普通にいたら2期生に越されちゃう危ないみたいな危機感を感じるくらい、2期生がもっと出てきちゃっていいんだよとずっと言いたかったです」と話すと、伊藤かりんは「次の選抜も、2期生が一人も入っていなくて、1期生に対抗できる勢力になっていないのが、2期生がグループに入ったことがプラスじゃないんじゃないかと思えるくらいまだまだ弱いなと感じるので、真夏さんが言ったようにいい意味でガツガツ、画面に映るのは私たちだ!ぐらいの気持ちで行かないと問題なのかなと思います」と危機感を語った。 最後は、メンバーに大切な親や友人からのメッセージを受け涙。今回の放送でよりメンバー同士が絆を強くし、より乃木坂46が躍進していくことだろう。