チャオベラ改名後初ツアーで「上を目指す」宣言
7月にTHE ポッシボーから改名し、新たなスタートを切ったチャオ ベッラ チンクエッティが9月27日渋谷のTSUTAYA O-WESTで、改名後初となるツアーをスタートさせた。 1曲目は今回のツアーで初披露となる『True Hearts~ファンタスティック4~verA』でスタート。10年共にしたメンバーが1人欠けてはいるものの、4人が打ち出すパワーは物足りなさを感じさせることなく、パワフルなダンスと歌が爆発している。スピード感のある曲中にはメンバーの名前や「Ciao Bella Cinquetti」や「C B C(Ciao Bella Cinquettiの頭文字)」などがふんだんに入り、メンバーそれぞれのキャラクターが歌詞に反映されていて、まさにオリジナル感溢れる楽曲だ。 冒頭のMCで後藤夕貴が「初日からぶっ飛ばしていくので、1曲1曲逃さずじっくり味わって行ってください。」と気合を見せると、ファンも気合十分な反応をみせる。 後半は歌って踊っての盛り上がりナンバーということがメンバーのMCから告げられたが、まさに覚悟のいるほど息つくことのないガツガツとした展開が繰り広げられた。アンコールの最後のMCでは、橋本愛奈から嬉しいお知らせですとのことで、今回のツアーの追加公演が4ヶ所発表された。更に、来年1月27日にニューシングルの発売が決定したとのことも発表され、ファンからも喜びの歓声が上がった。タイトルなど詳細はこのツアーで発表していくとのこと。 ロビンが最後に「昨日の夜、ファンのみんなはどういう気持ちで初日会いに来てくれるのかなと考えていたんです。4人になって魅力が減ったなとか思っている方もいると思うし」と抱えていた胸の内を話した。 続けて、「今日のツアー初日で私たちは今の100%出したつもりだけど、まだまだ私たちは上を目指していけると思っているので、いろいろ悩むこともあるんですけど。でも4人で続けるという道を決めたからには、このツアーでどんどん成長していって、チャオベラどこまでいくんだろうって皆が思ってくれるような素敵なグループになってきたいと思っているので、是非みなさん応援してください。宜しくお願いします!」と、前向きな思いを語り終わると、4人が揃って深々とお辞儀をした。 このお辞儀の長さから4人の強い思いがファンにも届いたのか、会場中熱い拍手が鳴り止まなかった。