河村隆一 六本木で3daysライブ「60歳になっても歌えるナンバーを」
10月28日にニューアルバム『Magic Hour(マジックアワー)』をリリースする河村隆一が、9月25~27日、ZEPPブルーシアター六本木3daysのライブを開催した。 初日は『Gratest Hits Songs Vol.2』と題して、『Sugar Lady』『I love you』などファンにおなじみの人気楽曲満載のライブを、2日目はこれまで『CHICAGO』など舞台(ミュージカル)で歌ってきた楽曲のみのライブ『Musical SongsVol.1』を行った隆一。そして最終日は、いよいよニューアルバムを中心としたLive2015『Magic Hour』が開催されることに。 会場に詰めかけたファンに大きな拍手で迎えられた隆一。初日のアンコールでも披露した『Wisteria-ふじ-』をゆったりと歌い出し、ライブはスタートした。歌い終えると、「皆さん、こんばんは。河村隆一です」と挨拶。2曲目以降は未発表曲ばかりを披露するとあって「知らない曲ばかりですよ、ここからは。心の準備はよろしいですか?」と客席を盛り上げながら『Promenade -散歩道-』へ。軽快な4ビートのリズムに、客席から自然と手拍子が起こる。続いて『Candle -炎-』を歌い終えると、ニューアルバムについてのMCへ。 今回のアルバムは、「自分が60歳になっても歌える大人のスタンダート・ナンバーをコンセプトにし、バート・バカラックやロッド・スチュアートなど等身大で大人の音楽を意識した作品」だと話していた隆一。このステージでも「今自分は45歳で、あと15年経つと技術も肉体もピークを迎えると思います。今回のアルバムは15年後、20年後をイメージした作品です」と説明。ここで初めて『Magic Hour』のタイトルが発表される。そして「今日のライブは、アルバムの曲順通りにやっています」と種明かし(?)し、『Chronicle -年代記-』、「ブルゴーニュのワイン畑をイメージした」という『Terroir -恵み-』を披露した。 「アルバム『Magic Hour』は、黄昏時にゆっくりとワインを飲んだり、友人と語ったりする、そんなイメージ」という隆一の言葉通り、ゆったりと落ち着いた大人の雰囲気でステージは進行していく。このステキな空気感に思わず「いい空間だな・・。みなさんのお陰です。ありがとうございます」とファンに感謝する隆一。続いて、メロウなピアノと“隆一節”のボーカルが光る『Architecture ?魂のしくみ-』、「世界から争いがなくなれば・・」との思いが込められた『Cold Rain -冷たい雨-』、「『Wisteria-ふじ-』同様、このアルバムを象徴する空気感」を持った『Twilight Time -その訪れ-』などアルバム収録曲をすべて歌い上げ、客席に礼をして一旦退場する。 その後アンコールに応えて再登場した隆一。ニューアルバムの曲は歌い終わったため、「久々のナンバーをやります」とアコギ伴奏で『この旅を続けて』を披露。さらにファンサービスのように、ソロ活動を始めた初期の楽曲『Love Song』『in the sky』を立て続けに歌った。ラストは「97年のデビューシングルをみんなでやりたい」と、ライブ初日にも歌った『I love you』。ファンは一気に総立ちとなり、一斉の手拍子で大盛り上がりに。 すべての楽曲を歌い終えて満足気な隆一は「3日間、本当にありがとうございました。次は中野サンプラザで会いましょう」と客席に何度も手を振り、深々と礼をしてステージを後にした。 【演奏楽曲】 M1:Wisteria -ふじ- M2:Promenade -散歩道- M3:Candle -炎- M4:Chronicle -年代記- M5:Terroir -恵み- M6:Architecture ?魂のしくみ- M7:Moderate -ゆるやかな- M8:Champagne -時の旅人- M9:Cold Rain -冷たい雨- M10:Beautiful World -美しい世界- M11:Twilight Time -その訪れ- EN1:この旅を続けて EN2:Love Song EN3:in the sky EN4:I love you