仮面女子立花あんな、月野もあ、神谷えりな声優初挑戦!新曲もリリース
11月23日にさいたまスーパーアリーナでの2万人コンサートを控える最強地下アイドルの仮面女子が、PlayStationVita専用ソフト「ネットハイ」(11月26日発売)に登場することになった。「ネットハイ」とは、地位と名誉を独占し迷惑行為と事実隠蔽を繰り返すリア充の嘘を暴いていくアドベンチャーゲーム。 ゲームにはアリス十番の立花あんなとアーマーガールズの月野もあ、スチームガールズの神谷えりなが、声優として参加。 3人とも声優は初挑戦ということで、立花は「産まれて初めてゲームで自分のキャラクターとして声優をやらしてもらいました。声優は自分の声だけで表現をしなくてはいけないので、それがすごい難しいと感じました。普段は歌ったり踊ったりして表現していますけど、声だけの表現は本当に難しいので、声優さんの方を尊敬しちゃいます。私ももっともっと私も表現力を磨いて、これからも声優のお仕事ができるようになりたいです」。 月野は「小さい頃から声優さんのお仕事がやりたくて、たくさんの声優のオーディションを受けて落ちてきたんですよ。今回はゲームで自分のキャラクターで声優ができるので本当に楽しみで「ネットハイ」の大成功してもらって、アニメ化してもらって、アニメでも声優がやりたいので、メチャメチャ楽しみにしています」。 神谷「声優のお仕事をするのが人生で初めてなので、まさか声優のお仕事をやる日が来るとは思っていませんでした。自分の声があまり通る声ではないので、声だけの仕事は絶対に無いと思っていました。今回はこうゆう貴重な体験をすることだできて嬉しいです。実際に声優をやってみるとすごく難しくて、表現力も足りなかったですけど、今回は私自身のキャラクターだったので、そのままの神谷えりなでできたのでとてもやりやすく、それが味になったと思います」とそれぞれ思いを語った。 なおゲームには先着購入特典として「ネットハイ×仮面女子」エグゼクティブサポートカード(カスタムカード3種付き)キャラクターデザイナーの杉浩太郎氏が「ネットハイ×仮面女子」をモチーフに描き下ろした極上をイラストをあしらったオリジナルカードがダウンロードできるプロダクトコードが付いており、ファンにとってたまらないアイテムとなっている。 イベントの最後には、サプライズとして「ネットハイ」のイメージソングを仮面女子が歌うことが発表された。タイトルは『大!逆!転!』。その発表を受けてファンの前でイメージソングの初披露が行われ、会場では大きな盛り上がりを見せた。