GLAY アニメ「ダイヤのA」新OP曲 3期連続TERU書き下ろし
GLAYが再び人気TVアニメ「ダイヤのA -SECOND SEASON -」とタッグを組む。 10月5日のオンエアからスタートとなる新オープニングテーマをGLAYが担当することとなり3期連続オープニングをGLAYが飾ることとなった。アニメのオープニングを3期連続担当するのは異例。 アニメ制作チームもGLAYのライブへ足を運び、生で演奏した『疾走れ!ミライ』や『HEROES』に感動したことで今回も制作チームから オープニングをオファーした。 今作も『疾走れ!ミライ』『HEROES』に続きアニメのファンでもあるTERUが書き下ろした楽曲でタイトルは『空が青空であるために』。TERUらしい爽やかで疾走感のあるロックナンバーで、TERU本人が「涙を飲み、また未来に希望を持って歩んでいく高校球児達の切ない思いを表現した」と語る歌詞にも注目。 新オープニングスタートに先駆け、9月30日発売の講談社「週刊少年マガジン」ではTERUへの独占インタビューも掲載。今作『空が青空であ るために』に関して、初のインタビューとなる。