miwa新曲 綾野剛新ドラマ主題歌に決定「“愛おしい”気持ちが詰まった曲」
10代を中心に絶大な人気を誇る、女性シンガーソングライターmiwa。最新作『夜空。feat.ハジ→』がロングヒットを記録、またミュージックビデオは160万回以上再生されるなど“泣ける歌”としても盛り上がりをみせている中、ニューシングル『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』が11月11日(水)に発売されることが決定した。 新曲『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』は10月16日(金)からスタートするTBS金曜ドラマ「コウノドリ」の主題歌。 「コウノドリ」は鈴ノ木ユウが描くヒューマン医療漫画で講談社「モーニング」にて人気連載中。現在、累計発行部数150万部を超えるヒット作品で、青年誌としては異色の産婦人科医療を描いたコミックとなっている。 『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』は「誕生」をテーマとしたもので、「命」に関わる奇跡の物語にふさわしい、優しく包み込むスローバラード。ドラマ劇中で綾野剛演じる主人公「鴻鳥 サクラ」のもう一つの顔である謎多き天才ピアニスト「BABY」の優麗な演奏とも重なるような切ないイントロから始まる本楽曲は、そっと寄り添うようなmiwaの歌声と、切なさと力強さが交差するピアノとストリングスがドラマティックに展開する感動的な仕上がりとなっている。 主演の綾野剛は主題歌について、以下のようにコメントしている。 「こうやって現場に来てくれることも嬉しいです。(miwaの楽曲を聴いて)最高!本当に素敵です。音楽にしかない音楽の力ってあるから、見ている人たちにこの作品の感動を、miwaの歌声が加わることで更に力強く届けられると確信しました。」 TBSドラマプロデューサー峠田浩氏はmiwaの起用理由について次のようにコメントしている。 「miwaさんは、真っ直ぐな目で、この世界を見つめて、曲を作られているのが、とても印象的でした。その目で、コウノドリの世界を見ていただくと、どのように感じ、どんな曲ができるのか、純粋に聞いてみたいと思い、今回お願いしました。 曲作りの打ち合わせでも、曲調のイメージくらいしか決めず、台本を読んでいただき、全てお願いしたのですが、出来上がった曲は驚くほど、ドラマの世界観を理解していただき、深く、素晴らしい曲でした。全てを包み込むようなこの曲が、ドラマにかかる日が本当に楽しみです」 また、miwaは「心から大切に思う人への“愛おしい”という気持ちが詰まった曲になりました。」とコメントしている。 シングルには「コウノドリ」の主題歌の他、自らもナビゲーターを務めるNHK Eテレ新番組「オンマイウェイ」(10月9日(金)OAスタート)のテーマソング「始まりは終わりじゃない」などが収録される。