指原莉乃 戸惑う木村拓哉と「恋チュン」競演!ガチでアポなしだった
昼12時から10時間にわたって生放送されたテレビ朝日系「MUSIC STATION ウルトラFES」。 AKB48は『ポニーテールとシュシュ』『Everyday、カチューシャ』『恋するフォーチュンクッキー』のスペシャルメドレーを披露した。 2曲目曲中では指原莉乃がふたたびイリュージョンに挑戦。 本番前の自身のTwitterで「今夜Mステで、イリュージョンします。たすけて。失敗するとやばいかんじの難易度の高いイリュージョンになってます。」と相当な不安を抱えているようだったが、突如ステージから消え、3曲目の『恋するフォーチュンクッキー』でタモリらが座っている控え席に姿を現すと、なんとSMAP木村拓哉の手を引いてステージへ。動揺を隠せない木村だったが、そこはキムタク。首を傾げながらも周りのメンバーに振りを合わせていき、終始センターで踊り切った。 「こういうことMステってやるんですか!?」と戸惑う木村に、「なんかリーダーっぽかった」とタモリから称賛の言葉が贈られた。 終了後の指原は「本当に何もお伝えしてなくて、、断られたらその時はしょうがない!って思ったけど、本当にまさに神神神対応でした(泣)!」とガチのアポなし一発勝負だったことをTwitterで告白した。 (C)AKS