相川七瀬 初カバーアルバムがまさに「宝箱」!豪華ゲスト続々
相川七瀬がデビュー20周年を記念して10月28日にリリースする、自身初のカバーアルバム『Treasure Box -Tetsuro Oda Songs-』の収録内容と参加ゲストミュージシャンが発表された。 『世界中の誰よりきっと』には同世代で親交も深い、つるの剛士が参加。『BOMBER GIRL』は寺田恵子(SHOW-YA)、杏子、中村あゆみという先輩アーティストとともにレコーディングを行なった。こちらは先日行なわれた“NAONのYAON”でも披露され、一部リスナーからはカバーアルバムに収録されるのではないかと噂になっていた。 またコーラスでは、大黒摩季、宇徳敬子、柴崎浩(ex.WANDS)、浅岡雄也(ex.FIELD OF VIEW)という面々が集合。いづれも相川ならではの交流の深さであり、今回20周年を祝うかたちでの特別参加となった。 また実は自身の楽曲のカバーにコーラスで参加するという斬新な試みで、その点でも否応にも期待が高まる。 このアルバムはデビューのきっかけを作った、プロデューサー織田哲郎の楽曲のみを相川がカバーするという企画。 収録楽曲を見るだけでもワクワクするこの内容に、更にゲストのパワーが加わり、まさに宝箱のような作品となった。