HKT48指原莉乃が「やりすぎてネタもない」
HKT48指原莉乃が、LIVEについて「横アリが全てでした」とつぶやき話題となっている。 これは、指原がTwitterでファンからLIVEについて質問された答えとして、「LIVEはしばらくないかなあ〜 やりすぎてネタもないよ」と答えたもの。 HKT48といえば、現在は様々な趣向を凝らしたLIVEやコンサートを披露し、AKB48グループの中でも「最も見たい」と評価が高い。このLIVE、指原が演出を考えている部分も大きいこともファンの間では話題となっている。 指原は元々が熱狂的なハロー!プロジェクトファンとしても知られ、AKB48加入前に培ったアイドルの知識が現在のHKT48のLIVE演出に活かされていると言われている。 指原は上記のネタもないよ発言の後に、「ほんとに何も考えられないし考えてもない 横アリが全てでした」とつぶやいている。この横アリとは、大好評だった「HKT48全国ツアー~全国統一終わっとらんけん~ FINAL in 横浜アリーナ」のこと。 このコンサート/LIVEは、指原莉乃が総選挙1位の公約通り「水着ライブ」を披露したり、Brass Band披露、生バンド演奏、恐竜がステージに登場するなど、エンターテインメントショーとして完成されたもので各方面で話題となった。 「これは、もはやアイドルのコンサートではない」とのコメントまでスタッフから出たほどにとんでもなく「想像を超えるセットリスト」ばかりのステージだったことから、HKT48以外のAKB48グループファンからも「見ておけばよかった」と言われたほどだ。 これだけの素晴らしいステージを見てしまったら、次はどんなHKT48を指原が演出するのか?否が応でも期待してしまうところだが…。「横アリが全てでした」と言わずに、直ぐにでもHKT48の進化した姿を見せて欲しい! (C)AKS