ミライスカート相谷麗菜「Zeppでワンマンやりたい」新たな目標へ
5月6日に京都ミューズホールを舞台に行ったミライスカートの1st ONEMAN LIVE。「解散か、メジャーデビューか」を賭けた4人の挑戦は、会場のMAX動員数を記録。 7月にはシングル『COSMOsSPLASH』を発売し、待望のメジャーデビューを飾った。 夏には、東京を舞台にマンスリーで定期公演も実施。彼女たちの支持は、確実に全国へと広がり続けている。とくに関西では、現在の関西アイドルシーンの中核を担う存在の一つとして支持を獲得。その期待を試される場となったのが、9月21日(月祝)に大阪ミューズホールで行われた2ndワンマンライブ「ミライスカートワンマンライブ〜古都から奏でる未来の音〜」だった。 先に結果を伝えるなら、この日も会場を埋め尽くす集客を記録し、チケットはSOLD OUT!!。ミライスカートの支持が確実に芽吹いていることを、改めて実感したワンマンライブになった。 未来を予感させるオープニング映像が映し出され、紗幕の裏側、シルエット姿になったメンバーが登場。ライブは、気持ちをウキウキと弾ませる『Beautiful days』からスタート。 ♪スカートを翻して♪の歌詞通り、軽やかに舞い踊る4人。”はんなり”なムード醸しながら始まりを告げるところが、ミライスカートらしさ?!。「みなさん盛り上がっていきますかー!!」の声に合わせ、ビートは一気に速度を上げだした。『メグリメグル』に合わせ、舞台上へ絶叫の声を返してゆく満員の観客たち。 何時もの可愛らしい姿描き出したステージを軸にしながら。この日は、幾つか新しい表情も提示。♪処理をすんの? 誰がすんの??♪♪俺!俺!!俺!!!俺!!!!♪の掛け合いも心地好いオリエンタルな香り漂うダンスナンバー『ミーゴ!ゴミーゴ!』は、ポイ捨てされるゴミをテーマにした歌。『1秒前のシンデレラ』は、歌謡色を打ちだした情熱的な歌。艶めいた女性らしさも醸しながら4人は歌っていた。その色っぽさ??も、一つ大人へと成長した姿の証?! 新曲の『コ・イ・ハ・カ・プ・チ・ー・ノ』は、歌詞も曲調もかなり挑発的な歌。『Melody』は、叶わない恋の想いを切々と歌ったミッドメロウな曲。可愛いだけではない、女性としてのさまざまな心模様を歌に加えることで、彼女たちの存在に深みを覚えていた。 終盤を彩った、気持ちのトキメキが止まらない『鉄則Aライン』。同じく、絶叫のコールを会場中に響かせた、メジャーデビュー曲『COSMOsSPLASH』を通した暴れ祭る熱狂の風景。さらにメンバーから嬉しい報告が届けられた。 「新たな目標を4人の間だけで勝手に決めました」(相谷麗菜) 「ミライスカート、Zeppでワンマンライブがしたいです!!」(橋本珠菜)。「4人で一から話しあいをして決めたのは初めてのこと。みんなと一緒にワクワクしながらその夢を叶えたいです」(林奈緒美) 4人で決めた未来への夢。その想いを改めて、ミライスカートを支えてくれる仲間たちと一緒に胸へ刻もうと、最後に『未来ノート』を歌唱。 ♪ここから始まるよ♪の歌詞通り、自分たちで意志を掲げ、夢をつかもうと、ミライスカートは新たなフライトを宣言。本編最後に、4人の本音が届けられるとは。もちろんその告白に誰もが胸込み上げる嬉しさを、熱狂に変えていたのは言うまでもない。 ミライスカートが描き続けてきた「はんなり」なムーブメントは着実に、そして確実に広がり出している。次はどんな”気持ち一つになった興奮と感動”を分かち合えるのか、何より、4人自身で掲げた「Zeppのステージに立つ」という夢を叶えなきゃね。『ナモナイオト』の歌詞通り、自分たちの強い気持ち次第で「未来は近づいてくるはす」だから。 「ミライスカート、ミラー!!」   PHOTO:内池秀人 TEXT:長澤智典