「イナズマロック フェス2015」で高橋みなみが西川貴教への恩返しを表明
T.M.Revolution 西川貴教が地元・滋賀県草津市の烏丸半島芝生広場で2015 年 9 月 19 日、20 日の 2 日間、大型野外フェス「イナズマロック フェス2015」を開催、2日間で10万人(2日間合計/フリーエリア入場者数含む)を動員した。 西川は2008年に滋賀ふるさと観光大使に就任。「音楽を通じて地元にお返しがしたい」「地元のみなさんと一緒に滋賀県を盛り上げたい」と、滋賀県の全面バックアップのもと2009 年 9 月「イナズマロック フェス」をスタートさせ、今年で7年目となった。開催当初からテーマとして掲げてきた「琵琶湖の環境保全」のほかに、近年は「これからの未来を担う子供達のために」と、地元の小学生を会場設営の現場に招いて体験学習を行うなど、単なる音楽フェスという枠を越えたイベントに成長している。 会場はチケットが必要なライブエリアと、入場無料のフリーエリアに分かれている。「雷神」と名付けられた有料ライブエリアには、T.M.RevolutionやUVERworld、倖田來未、AKB48、ももいろクローバーZといった多彩なジャンルのアーティストが出演、ステージの転換時間にはアンガールズ、スギちゃん、U字工事、やしろ優など、人気芸人がパフォーマンスを行った。 また、ライブチケットなしで楽しめる広大なフリーエリアでは、滋賀のご当地グルメが並ぶ飲食エリア、子供が楽しめるキッズスペース、ベビーカーの貸し出しなども行われ、あらゆる世代が楽しめる工夫がされていた。さらに無料ライブステージ「風神」と滋賀県のPR・ご当地キャラクターが登場するステージ「龍神」という2つのステージもあり、毎年「イナズマロック フェス」と連動して開催しているアマチュアミュージシャンのオーディション「イナズマゲート 2015」からは、今年のグランプリアーティスト「ねぇ、忘れないでね。」が「風神」ステージでライブを披露した。 1日目である19日、「雷神」のオープニングアクトは、現在ワールドツアー中で11月に武道館ライブも控えている藍井エイル。「AURORA」、「シリウス」、今年4月リリースのシングル「ラピスラズリ」など4曲を披露、澄んだパワフルな歌声で、イベントのオープニングを盛り上げた。藍井は2013年の「イナズマ」で、イベントフリーエリアの「エンタメステージ(現在の「風神」)」に出演。そのため「いつかメインステージに立ちたいと思っていました。あえて言わせてください『ただいま!』」と言って笑顔を見せた。 三日月大造滋賀県知事が「We love イナズマ! We love 琵琶湖! イナズマロック フェス2015、スタート!」と宣言したあと、初日のトップバッターをつとめたのは、この日45歳の誕生日を迎えたT.M.Revolution。客席の大きな歓声に迎えられ、黒いTシャツに黒いパンツというカジュアルないでたちでファンの前に姿を現した。客席には、「ハッピーバースデー」という旗を持ったファンも見える。おなじみのナンバー「INVOKE」「ignited –イグナイテッド-」「突キ破レル-Time to SMASH!-」「HEART OF SWORD~夜明け前~」に加え、新曲「Inherit the Force –インヘリット・ザ・フォース-」を初披露、全7曲をプレイした。「本当に集まってくれてありがとう!想いや繋がる力、その熱量だけで、手づくりでやってきた7年間。この愛情は全てみなさんのものです!」とイベントに対する思いを話し、最後に「45歳初ライブでした!こんな変わった“アラフィフ”もいます。みなさんよろしく♡」と笑顔でステージをあとにした。 アンガールズが客席を巻き込んだネタで盛り上げたあとは、昨年オープニングアクトとして出演したももいろクローバーZが再び滋賀の地へ。1曲目はT.M.Revolutionの「INVOKE」をカバー、西川ファンの心もがっつりと掴む。「鋼の意思」では、歌詞の一部を「西川の愛が欲しいと」に変え、会場を沸かせた。「2回連続出させていただき、ありがとうございます!」と笑顔と元気がいっぱいのパフォーマンスで、「Believe」「全力少女」「行くぜっ!怪盗少女」など8曲を披露した。 ジャルジャルが漫才でたっぷり会場を笑わせたあとは、こちらも昨年に引き続き2度目の登場となるNMB48。メンバーの上西恵、近藤里奈、内木志は滋賀県出身ということで、滋賀は「居心地がいい。関西の住みやすい県ナンバーワンなんですよ。空気もいいし、何をするにも便利。」と、その魅力を伝えた。「カモネギックス」「ナギイチ」「イビサガール」などを歌ったあと、山本彩を中心とした9人の選抜メンバーが登場して10月7日発売のニューシングル「Must be now」を披露、事前に発表されていなかったメンバーの出演に、大きな歓声が上がった。 芸人のスギちゃんは、シャンプーハットや延長コードなどいろんなアイテムを取り出しては、「ワイルドだろぉ?」とおなじみのセリフで会場を盛り上げた。続いては、2010年にデビューしたFear, and Loathing in Las Vegasが「イナズマ」に初登場 。「初めまして! 神戸から来ました。今日は自分たちらしく勢いよく全力でライブするので、一緒に盛り上げていきませんか!」とエッジのきいたサウンドとハイトーンボイスで畳み掛ける。シングル「Acceleration」、「Rave-Up Tonight」のほか、9月30日リリース予定のニューアルバム『Feeling of Unity』から「Cast Your Shell」など7曲をプレイ、若さ溢れるステージで客席を熱くした。 U字工事のネタに続いては、「イナズマ」の会場である滋賀県草津市で結成され今年15周年を迎えたバンド、UVERworld。T.M.Revolution以外では「イナズマ」最多出場となる。大歓声に包まれてライブがスタート、「地元・草津にフェスで帰ってこられて、最高に幸せ」と熱いパフォーマンスを見せた。TAKUYA∞は、友人が地元のおじいちゃんやおばあちゃんに「この人、武道館や東京ドームでライブやるくらい有名なんだよ」と紹介しても反応がないのに、「イナズマに出てる人だよ」と言うと「それはすごいですねぇ!」と感心されたエピソードを披露。それくらい「イナズマ」は地域に密着したイベントなのだと語った。「Don’t Think Feel」「I LOVE THE WORLD」「Enough-1」「IMPACT」「PRAYING RUN」など全8曲を力強くプレイし、「俺は大阪で生まれて滋賀に越してきて、最初は早く大阪に戻りたいと思ってた。でも、俺たちが夢をつかんだのは滋賀でだった。どこにだって夢はある」と、最後に会場に集まったすべての人に向けて強いメッセージを残した。 続くダイノジがエアギターなど定番のネタで会場を沸かせると、トリは「イナズマ」初登場の倖田來未。「最後の最後まで楽しんでいってちょ」と、男女6人のダンサーを従えてセクシーに踊り歌う。客席には、曲に合わせて色とりどりのサイリウムも輝く。カバーソング「め組のひと」では歌詞の一部を「イナズマ めっ!」と変えて歌って盛り上げ、「愛のうた」「BE MY BABY~BRING IT ON」など計8曲を披露した。アンコールの「キューティーハニー」では、西川がステージにサプライズ登場。倖田が「近寄らないで」と歌えば、西川が避けるフリをしてみたりと、息のあった様子を見せた。そしてもう1曲「小さな恋のうた」もコラボ。倖田は「いろんなフェスに行かせてもらってますけど、『イナズマ』のお客さんは特別。来年も来たいなぁ」とステージ上で西川にラブコールを送った。ラストナンバーは「LALALALALA」、倖田のグラマラスでゴージャスなステージで1日目は幕を閉じた。 1日目よりいっそう暑くなった20日のオープニングアクトは、「イナズマ」初出演、海外でも高い評価を獲得している4人組バンド・BACK-ON。「今日のステージ、めちゃくちゃ楽しみにしてた。最高の景色を見たいけど、一人じゃできないから一緒に作ろう。力を貸してくれ! 一人でできないことも、イナズマのみんなと一緒なら乗り越えていける」と「ニブンノイチ」をプレイ、客席の心をつかんだ。「STRIKE BACK」「INFINITY」など全4曲をプレイ、勢いよくオープニングを盛り上げた。 橋川渉草津市長が「『イナズマロック フェス2015、スタートです」と挨拶した後、トップバッターで「イナズマ」初登場のAKB48が出演。高橋みなみが「(9月16日、横浜アリーナで開催された「AKB48第6回じゃんけん大会」で)私の登場のために西川さんに来ていただいたのに、じゃんけんに負けてしまった。今日は西川さんのために頑張りたいと思います」と西川への恩返しを表明。また滋賀県出身のメンバー、田名部生来と濵咲友菜も「AKB48として(地元に)来られると思ってなかった」と笑顔を見せた。「ヘビーローテーション」「会いたかった」「フライングゲット」「恋するフォーチュンクッキー」などヒットナンバーを立て続けに披露し、最後は8月リリースの最新シングル「ハロウィンナイト」で締めくくった。 ピン芸人のやしろ優が倖田來未や芦田愛菜のモノマネで会場を沸かせた後は、こちらも「イナズマ」初出演、7人組のメインダンサー&バックボーカルグループ・超特急。それぞれがしっかりと自己紹介でアピール。客席のノリノリのリアクションに、メンバーも興奮気味だった。9月9日にリリースしたばかりのシングル「Beautiful Chaser」を始め、「Star Gear」「Believe×Believe (ビリビリ)」など、彼らのライブでおなじみのナンバーをとびきりの笑顔でプレイした。 ハマカーンがコントを披露した後は、5人組ロックバンド・キュウソネコカミが登場。今年は数々のフェスに出演している彼らも、滋賀県でのライブは初体験。ボーカル&ギターのヤマサキセイヤが「汗かいたから服脱ぐわ」とTシャツの下に仕込んでいたのはT.M.Revolution「HOT LIMIT」でおなじみの黒いテープ状の衣装。「これやってるけど、まだ西川さんに会ってないからな! どこにいるんや! ……あとで謝ります!」と会場の笑いを誘う。「MEGA SHAKE IT!」「伝統芸能」「DQNなりたい、40代で死にたい」など7曲をパフォーマンス、独特の世界観を見せた。 会場が笑いに包まれた天竺鼠のコントに続いては、ワールドワイドに活動する4人組ロックバンドの[Alexandros]が、大きな歓声に迎えられ登場。ボーカル&ギターの川上洋平はバンドやる以前、サラリーマンだったという。「『イナズマ』でライブできて光栄です。滋賀県には、その時お客さんのところに営業で来て以来です。今日もスーツは着てるけど、持ってるものはパソコンじゃなくギター」と内に秘めた熱い想いを語った。「西川さんに捧げます」とプレイした「Starrrrrrr」を始め、「ワタリドリ」「Run Away」「Adventure」など6曲を披露した。 プライベートを絡めたコントを見せたニッチェは、客席から「ひゅー!」とあたたかい歓声を受けた。そして昨日に引き続き出演のUVERworld。「ここで音が出せて最高に幸せだよ」と、「Collide」「ナノ・セカンド」「I LOVE THE WORLD」アガるサウンドを次々に繰り出してゆく。滋賀県で活動していた頃は、イナズマの会場とは琵琶湖の対岸にある小さなライブハウス「ハックルベリー」でライブを行っていた彼ら。でもいつか、たくさんの人の前でライブすることをイメージしていたという。だからこそ、「『イナズマ』に呼ばれて地元に帰ってきた時は、最高のライブにしたい」と、「在るべき形」「No.1」「7日目の決意」など、全8曲をプレイ。全身全霊を込めたパフォーマンスで、観客を魅了した。 ピン芸人・じゅんいちダビッドソンが「サッカー日本代表の本田圭佑です」と笑わせた後、「イナズマロック フェス 2015」の大トリを飾ったのはT.M.Revolution。このステージは、今年4月から8月にかけて行われた全国47都道府県ツアーのファイナルの意味を込めたライブでもあったという。西川は、デニムのセットアップにキャメルのベストとブーツを合わせたファッショナブルなスタイルで登場。最新シングル「DOUBLE-DEAL」を始め、「WHITE BREATH」「Crosswise」「SWORD SUMMIT」など新旧織り交ぜたナンバーを今のT.M.R.サウンドにアレンジしたバージョンでプレイ、持ち前の歌唱力で初秋の夜空を彩った。今年で7年目を迎えた「イナズマロック フェス」について西川は、「最初は『俺ならできるんじゃないか』という勘違いから始まった。だから、みんなも大いに勘違い、錯覚していってください。夢見てる、バカじゃないって言われるかもしれないけど、それを実現したやつがここにいますよって気持ちで、毎年『イナズマ』をやらせてもらってます!みんなも錯覚していこうぜ!」と、西川流の夢を叶える方法を伝授。また「昨日と今日と2日間でたくさんのパフォーマー、アーティストがたくさんの想いを込めて最大級の愛情を届けました。回を重ねるごとにみんなのおかげで、こんなに気持ちのいい空間ができてます」と、観客だけでなく、全ての出演者やスタッフに感謝を伝えた。 アンコールでは1日目に初披露した新曲「Inherit the Force ‐インヘリット・ザ・フォース‐」をプレイ。続く「HOT LIMIT」では、西川がTシャツを脱いでおなじみの格子状の衣装姿になると、同じ衣装をまといウィッグで完全なコスプレをしたAKB48の高橋みなみが登場、先日の「AKB48第6回じゃんけん大会」で見せたコラボをT.M.Revolutionファンの前でも披露した。そして最後はニコニコ生放送の番組『西川貴教のイエノミ!! イナズマロックフェス2015 出張版』で2日間MCをつとめた土屋礼央と、「イナズマ」に関わって7年皆勤賞のHOME MADE 家族・Microも交えて「イナズマ」のラストナンバーとして定着している「Lakers」歌い、「イナズマ」の熱い2日間の幕を下ろした。 T.M.Revolutionの新曲「Inherit the Force ‐インヘリット・ザ・フォース‐」は、今冬発売予定のPlayStation Vita専用ソフト「機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE」の主題歌に起用されることが決まっている。また、かつて西川が『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』で演じたハイネが搭乗する「グフイグナイテッド」も、プレイアブル機として参戦。西川は再び声優として参加する予定だ。また、10月24日公開、三谷幸喜監督の最新映画「ギャラクシー街道」にも出演、劇中では見事な歌声を披露する。オールマイティに才能を発揮する西川、来年5月にはT.M.Revolutionとしてデビュー20周年を迎える。記念の年を目前に控え、ますますパワーアップしている西川の活躍に注目だ。