Kalafinaラゾーナ川崎で新曲初披露サプライズ
日本のみならず世界各国でグローバルな活動を続ける3人組女性ヴォーカルユニットKalafina。 今年7月には初の単独武道館2daysを収録したLive DVD、Blu-ray「Kalafina LIVE THE BEST 2015“Red Day”&“Blue Day”at 日本武道館」をリリース、更に8月12日(水)にはMBS/TBS系TVアニメ「アルスラーン戦記」エンディングテーマとして絶賛O.A中のニューシングル『One Light』をリリースと、まさに話題の絶えないKalafinaが2015年9月16日(水)、約2年半ぶりのオリジナル・ニューアルバム『far on the water』をリリースした。 この日はリリース週末ということもあり、数多くのファンが大集結。Kalafinaがステージに登場するや否や会場に買い物に来ている通行人も足を止め始め、イベント会場は多くの観客で埋め尽くされた。 一曲目から、今回のアルバム新録曲である楽曲、『monochrome』(モノクローム)を本邦初披露。想定外の新曲披露のサプライズに会場は大熱狂!メンバー自身も初披露ではあったが、堂々とした歌唱で会場は一気に盛り上がった。 MCでは「シルバーウィーク初日に足を運んで頂きありがとうございます。今日はみなさんと一緒に楽しい音楽の時間を共有しましょう!」と挨拶をし、また最近の話になると「3人でミュージカルに行きました。10月からスタートするライブの演出や表現の刺激になりました。」とライブへの意気込みも熱く語った。 アルバム新録曲『五月の魔法』、さらにアルバム表題曲となる楽曲『far on the water』(NHK「歴史秘話ヒストリア」新エンディング・テーマ)を披露。Kalafinaが織りなす美声コーラスワークを観客は固唾を飲んで見守っていた。約2年半ぶりとなる今回のオリジナル・ニューアルバムリリースまでの間には、数々のシングル曲のヒット、初の単独日本武道館公演2daysの大成功などKalafinaにとって非常に大きな成長を迎えた期間であった。 そんな成長を得て、満を持しての今回のオリジナル・ニューアルバムの発売記念リリースということもあり、会場の盛り上がりは今までで最高潮のものとなった。