セクシー過ぎるジャズピアニスト 高木里代子の妖艶プレーに喝采
9/16 東京丸の内「ライブ・レストラン COTTON CLUB」にて、東京JAZZに出演し、話題となっているエロ過ぎるジャズピアニスト、“乳”フェイス・高木里代子が妖艶演奏を披露した。 この日、NYの伝説的クラブを再現したと言われる「COTTON CLUB」は一夜だけの貸し切りLIVEを開催していた。 「a love in the night at COTTON CLUB by RIYOKO Funky Jazz Band」と題し、一流のジャズシンガー5人と高木里代子率いるFunky Jazz Bandによる見事なジャズLIVEを披露した。 この日も高木里代子は露出度高めの衣装で登場。というか、水着である。 ボーカルを引き立てる演奏で、時にはボーカルのテンションに合わせ、自身もエキサイティングし、立ちながら、身体を激しく動かしながら演奏する姿にその日来場したお客さんもヒートアップ。 エレガントで落ち着いた空間を作り出すライブ・レストランCOTTON CLUBはもはやレストランでは無く、お客さんも立ち上がり、踊り狂うという異様な盛り上がりを見せた。 露出の激しさで目を引き、その妖艶で確かなピアニストとしての実力で男女問わず虜にする。事実、終演後に高木の元に駆け寄ってきたファンの性別は男女半々くらいで、高木もファンたちの要望にしっかりと応えていた。 根強いファンの多さはこういったところから来るのだろう。 是非とも高木里代子のセクシーボディと妖艶な演奏を一目見に行ってみてはいかがだろうか。