乃木坂46橋本奈々未 ラジオドラマで武道館に挑む!
平均的なサラリーマンの日常を描いた大人気コメディラジオドラマ「NISSAN あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE~」(毎週日曜17:00~17:55放送/TOKYO FMをはじめJFN全国37局ネット)は、2006年4月2日の放送開始から10年目を迎える。 これを記念して、番組史上初・最大規模のイベント「NISSANあ、安部礼司 史上最大のワクワク大作戦 ABE-GIG in 日本武道館~10年に一度の大家族会議」を10月2日(金)19:00より開催する。 スペシャルゲストとして、既に発表されている渡辺美里、サンプラザ中野くん、平原綾香、金子隆博(from米米CLUB)、緒方恵美、千葉雄大に続いて、新たに橋本奈々未(乃木坂46)の出演が決定した! 数々のアーティストが伝説を残したLIVEの聖地・日本武道館で、安部礼司はあくまで「生ラジオドラマ」にこだわる。 テーマは“10年後の2025年”。53歳になった安部礼司に訪れるいくつかの”人生の岐路”を生ラジオドラマで上演し、それが安部礼司の未来にふさわしいかどうかを、来場者がジャッジする。 橋本奈々未が演じるのは、どSキャラのイケリーマン・刈谷勇の娘「のんちゃん」。今は反抗期でお父さんにも冷めた態度の「のんちゃん」の10年後…25歳になった「のんちゃん」を演じる。 【橋本奈々未コメント】 「乃木坂46として武道館に立ったことはあるんですけど、1人で、しかも、声のお芝居で武道館に挑むなんて、一度も想定したことはありませんでした!超インパクト満点の刈谷さんと絡ませて頂きます!私の家は、ラジオが大好きな家庭で「安部礼司」はよく聞いていましたので、このビッグイベントに参加させて頂けるのは本当に夢のようです。でも夢で終わらせず、しっかり爪痕を残せるよう準備して臨みます。個性豊かな安部礼司ファミリーに食らいついて、頑張って演じますので、ぜひ応援して下さい! 」 「生ラジオドラマ」では、人気俳優・千葉雄大が安部礼司の息子・永太を演じ、「新世紀エヴァンゲリオン」の碇シンジ役でおなじみの人気声優・緒方恵美が、ある重要な役柄で登場する。 そして「生ラジオドラマ」を「生歌」で盛り上げてくれるのは、渡辺美里、平原綾香、サンプラザ中野くん。さらに、米米CLUBから金子隆博が「ピアノ生演奏」で参戦します。「生ラジオドラマ」×「生歌&生演奏」の贅沢なコラボレーションに期待してほしい。