流れ星「肘神様」に次ぐ歌ネタ ファン待望のCD化決定
2013年「THE MANZAI」でワイルドカードからの決勝進出を果たし、そこで披露した歌ネタ“肘神様”で一躍全国区の人気を獲得したお笑いコンビ・流れ星。 彼らが今年行った単独ライブツアー「☆街道」(スターカイドウ)で披露した“肘神様”に続く、新たな歌ネタ『岐阜ミーチャンス』がファンからの熱い要望を受けて、CD化が決定! この『岐阜ミーチャンス』は、作詞を流れ星自身が手掛け、作曲は数々のヒット曲を生み出してきたヒャダインこと前山田健一が手掛けたポップ チューン。この度、そのデビューシングルのジャケット写真がついに公開された。 二人の出身地・岐阜県の名物であり、『岐阜ミーチャンス』の歌詞の中にも登場する合掌造りの住居前で、エルヴィス・プレスリーよろしくフリンジの付いた“スター”風の衣装をまとった流れ星の二人が、これまであまり見せたことのない2枚目路線の表情で立つシュールな仕上がりとなっている。 このジャケット写真の撮影は、ちゅうえいの生まれ故郷の岐阜県下呂市にある「下呂温泉・合掌村」にて、これまでも流れ星の単独ライブツアーの ポスター等で二人とタッグを組んできたコマーシャル、ファッション、ポートレート撮影などを中心に活動するフォトグラファー・富取正明が手掛けた。 なお、このCDには、同事務所のお笑いコンビ・どぶろっくの江口が作詞&作曲し、流れ星の単独ライブツアーのエンディング曲として、ファンの 間ではお馴染の『おんなじ拳』も収録される予定だ。