Chage 5年ぶりアルバム『hurray!』で「がんばらなきゃいけない人を応援したい」
今作は、原点回帰しつつ、辿り着いた境地から放たれる自然体のChageをありのままに表現したポジティブな作品となっており、アルバム全体はアナログLPの片面を想わせる全6曲という引き締まったコンパクト・サイズで、Chageの過去と現在を結び、そして未来に向けて広く扉を開け放ったような作品に仕上がった。 内容は先行配信シングル『天使がくれたハンマー』を含む新曲4曲に加え、Chage and ASKAのChage曲『ロマンシング ヤード』と『光の羅針盤』のセルフ・カバー2曲も収録されている。80年代からライブの定番曲として支持の厚い『ロマンシング ヤード』はそのライブの興奮を現在に伝える仕上がり。対して、2004年にシングルとして発表されるや、たちまちファンの間でスタンダード化した名曲『光の羅針盤』は流麗なストリングス・アレンジのなかでChageの情感豊かなボーカルを楽しめる。 またChageの作詞/作曲による『Hurray! Hurray!』は、その名の通りすべてのがんばっている人に贈る応援歌だ。 「がんばってる人、これからがんばらなきゃいけない人を応援したいじゃない。で、僕も応援してよ、という気持ちもあるし」「幸せになるために何をしなきゃいけないんだろうかと考えたときに、それはやっぱり『フレー、フレー』なんですよ。『がんばれ、がんばれ』というふうにポジティブにやっていけば、見えてくるものが必ずあるんじゃないかなということです」とChageは今作について語っている。 また初回限定盤特典DVDには、『天使がくれたハンマー』ミュージックビデオと、7月に開催したファンクラブ・イベントにおけるライブ映像、またレコーディング風景やジャケット撮影などのメイキング映像なども含め、盛りだくさんな内容が収録されている。