田中麗奈主演ドラマ「愛おしくて」主題歌を島谷ひとみが担当
来年2016年1月12日からNHK全国放送でスタートするドラマ10「愛おしくて」(全8回)の主題歌を島谷ひとみが担当する事が明らかとなった。まだ楽曲の雰囲気や歌詞の世界観等はまだ明らかとなっていないがドラマのストーリーに寄り添った形でドラマと共に楽しませてくれそうだ。 「愛おしくて」のストーリーは愛人を作った父に捨てられ、母を病気で亡くし、そして自分の恋人にも裏切られ、「愛をなくした」女、小夏(田中麗奈)。そんな小夏にとって伝統工芸の「有松絞り」は唯一の生きがいだった。小夏は有松絞りの師 匠に弟子入りするため、岐阜県の山あいにある工房にやってくる。師匠の玲子(秋吉久美子)は染物師としてだけではなく、幅広くビジネスを展開し地域の政財界の要人とも交流を持つ野心家だった。 玲子は弟子入りの条件として、人間に捨てられた保護犬の世話を命じる。小夏は獣医師の光太郎(吉田栄作)から、保護 犬の飼育について一から指導を受けることになる。光太郎はぶっきらぼうだが、動物への深い愛情を持っていた。 しかし、実は光太郎は怜子と深い男女関係にあった。小夏の弟子入りは怜子と光太郎の関係に少しずつ影響を及ぼし始める。小夏に脅威を感じはじめた玲子は、小夏に厳しい試練を与えつつ、その光る才能に 目を付け、小夏の作品を自分の名前で売り始める。 一方、家族を捨てて出て行ったはずの父、辰造(小林稔 侍)が突然、小夏の前に現れる。辰造はこの町で美容院を営む愛人の紙音(南果歩)と暮らしていたのだ。 小夏は動揺し激しく拒絶するが、辰造は執ように小夏につきまとう――。 そうした中、保護犬の世話を通じて、小夏と光太郎は少しす?つ惹かれあうようになる。そして小夏は絞り染め作家として、女として、師匠の 玲子と激しく争うようになり、一人の大人として成長し、人を愛おしく思う気持ちに目覚めていく。 年内にはまた新たに情報を公開する予定なので、随時チェックしよう。