チームしゃちほこ 初の連ドラ主題歌! 森川葵主演ドラマ「テディ・ゴー!」
9月30日に5曲入りEP『いいじゃないか』、10月28日に同じく5曲入りEP『ええじゃないか』と二ヶ月連続でEPを発表する名古屋発スターダスト芸能3部所属の現役女子高校生アイドル6人組チームしゃちほこの新曲『ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ』が、10月10日から放送がスタートするフジテレビの新土曜ドラマ「テディ・ゴー!』(主演:森川葵)の主題歌に起用されることが発表された。 チームしゃちほこの楽曲が連続ドラマの主題歌に起用されるのは今回が初となる。 初の連続ドラマ主題歌に抜擢されたチームしゃちほこの楽曲『ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ』は、9月30日に発売される5曲入りEP『いいじゃないか』に収録される新曲。 すでにライブでは披露されており、ファンからもCD発売が待ち望まれている楽曲の一つでもある。同曲は、さまざまな感情や出来事に翻弄される“ちぐはぐな日々”を駆け抜けながら、不安を感じる事もあるけど“それでいいじゃないか!”と力強く叫ぶメッセージソングで、ドラマを更に盛り上げてくれること間違いなしだ。 初の連続ドラマ主題歌起用に名古屋レッドこと秋本帆華は 「初めてのドラマとのタイアップ!本当に光栄です!!!私達の『ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ』で「テディ・ゴー!」を盛り上げていけれたら嬉しいです!ドラマの内容もとても面白そうで、土曜日23:40~は私もテレビにかじりついて見たいと思います!」 とコメントを寄せている。 10月10日(毎週(土)23時40分~24時05分放送)よりスタートする新ドラマ「テディ・ゴー!」は、人気作家・加藤実秋が2010年に文庫として刊行した作品「アー・ユー・テディ?」(PHP文芸文庫)が原作。 クールな“今ドキ女子“と殉職した熱血オヤジ刑事の魂が宿った “クマの編みぐるみ”のコンビが言い争いをしながらも協力し合い、オヤジ刑事が生前追っていた事件の真相究明に乗り出すことになるという、一風変わった設定の、爽快でポップなコメディーとなっている。 主人公・山瀬和子を演じるのはファッション雑誌「Seventeen」のモデルとして活躍し(今年4月号で卒業)、昨年は「ごめんね青春!」(TBS)、今年は「She」(フジテレビ)、「表参道高校合唱部!」(TBS)と話題作に立て続けて出演している今人気急上昇中の若手女優:森川葵。 そして、和子とバディを組むことになるオヤジ刑事・天野康雄を演じるのは、地上波連続ドラマにレギュラー出演するのは9年ぶりとなる哀川翔と豪華な出演陣となっている。 なお、チームしゃちほこは9月30日に同主題歌が収録されるEP『いいじゃないか』の発売に加え、10月28日には同じく5曲入りのEP『ええじゃないか』をリリース。 更に『いいじゃないか』発売日である9月30日からは愛知、岐阜、三重、大阪、静岡、長崎の1府5県を回るツアー「“約東海3県ホールツアー”チームしゃちほこ ホールツアー2015 さきどりハロウィンパーティー ~あそんでくれないと踊っちゃうぞ~」をスタートさせる。 新作にホールツアー、そして初の連続ドラマ主題歌抜擢と、メンバー6人のうち5人が「ラストJKイヤー」を迎えているチームしゃちほこから益々目が離せない!