GLIM SPANKYが「秘密結社 鷹の爪DO」でアフレコ初挑戦!
各方面で好評のGLIM SPANKYの1stAlbum「SUNRISE JOURNEY」収録の楽曲『WONDER ALONE』がエンディングを務めるNHK Eテレで好評放送中のアニメ「秘密結社 鷹の爪 DO」。 その9月25日(金)の放送回にて、GLIM SPANKYの出演が決定!メンバーは「グリグリスパパンキー」という架空ユニットの“ルミ”および“メカ本”役で出演。先日都内某所にてアフレコに初挑戦した。ミュージシャンが番組本編に出演するのは「鷹の爪 NHK Eテレ シリーズ」では初とのこと。 初体験となるアフレコを終えて、メンバーは 松尾「初のアニメアフレコだったのでドキドキでしたがスタジオに入ると緊張する暇も無く録り終わりました。あの自然でラフな空気感に持って行けるFROGMANさん、流石です。“秘密結社”なだけあって、スタジオも期待を裏切らない秘密結社感に感動!」 亀本「まさか自分がアニメに出演出来る日が来るなんて思ってもいなかったので凄く嬉しいです!是非皆さんお見逃し無く!」 とコメント。 「秘密結社 鷹の爪」監督のFROGMAN氏も本人たちの出演に関して 「大好きなGLIM SPANKYのお2人にご出演頂き、本当に嬉しいです。実はもっと多くのセリフを言って頂く予定でしたが、尺の都合で割愛せざるを得なかったのが残念でした。レミさんの声が聞き足りないという方は、エンディング『WONDER ALONE』までしっかり見て頂ければ。ちなみに、僕はそれでも足りないので、10月17日の赤坂ブリッツのライブに行って、会場でも堪能してきます!」 とコメント。 今回のタイアップでは鷹の爪のラジオレギュラー番組「鷹の爪団の世界征服ラヂヲ」で生演奏したり、アフレコ出演したりと、GLIM SPANKYも通常のタイアップ以上によい思い出を沢山作ることができたようだ。 『WONDER ALONE』エンディングタイアップ最後の回となる、9月25日(金)夕方6時20分からの「ビットワールド」内「秘密結社 鷹の爪 DO」の放送をお楽しみに。