西内まりや「スリリングなこと大好き!逆バンジーやってみたい」
9月18日(金)は、カップヌードルが1971年(昭和46年)に誕生してから44回目となるバースデー。 この特別な日を前に、今年のカップヌードルのスローガンである、「STAY HOT いいぞ、もっとやれ。」をテーマにしたスペシャルイベント「STAY HOT FES BOILED BY CUP NOODLE」を9月17日(木)に開催する。 当日は、渋谷パルコ 公園通り広場にて、誰でも参加できる体験アトラクション「巨大カップヌードル逆バンジー」が登場。 最新CMキャラクターの西内まりやと、“いいぞ、もっと矢部(やべ)”と会場を盛り上げるお笑い芸人カラテカ矢部を迎えたオープニングイベントが行われた。 巨大なカップヌードルにフォークが刺せる幾つかの穴を見つけ、「これは、あのゲームのようになるんですか?ということは中から誰かが飛び出る?」と西内の言葉を遮るように矢部が、ヤカンの被り物にばっちりの装備で顔を出し「ずっとこの雨の中待ってたんですよ!」とツッコむ矢部をよそに「やりたいです!」と満面の笑顔。「巨大カップヌードル逆バンジー」体験第一号として巨大フォークを手に初挑戦。みごと湯気の噴射と共に矢部が吹っ飛ぶと、「ひゃー!」と腰が引けながらも「面白い!」と何度も挑戦し、矢部を困らせた。 イベント後に記者の囲み取材に応えた西内は「わたし晴れ女なんで、今日の雨はびっくりしました。(逆バンジーでフォークを刺してみて)スリリングなこと大好きなので、飛ぶ方もやってみたいなって思いました(笑)。カップヌードルは生まれた時にはもう普通に家にあって、学生時代スポーツをやっていたので、お腹がすいたらよく食べてましたね。シーフード味が一番好きで、大人になってから”ぴり辛”をちょい足ししてます。でも”ホットシーフード”って出てるんですね。」と笑った。さらに「キャッチコピーの” いいぞ、もっとやれ。”を見習って、これからも何でもチャレンジして行きます!」と意気込んだ。